« 西日本に記録的な大雪の恐れ | トップページ | スミレ号の旅立ち »

2017年2月13日 (月)

初めての雪山

先日の寒波で、四国徳島の平地にも雪が降った。
今日も、みんなトイレと食事も終え、天気も良いのでゆっくりと日向ぼっこでくつろいでいたが、なんとご主人様が赤いチョッキを着て運動場に入って来たではないか・・・。
みんな、山に行くのが分かっているので・・・私を連れ行け~~!!!とばかり大声でアピールするも、やはり1才になったばかりのアサ号の元に行き、車に乗せる。
今日の山は、最近アサ号と良く通っている比較的高い山である。
車を走らせ、何時もの駐車地に到着すると、何と薄らと先日の雪が積もっている。
アサ号は、初めての雪山で少し戸惑っている。この白いものはなんだ!とばかり口にするが冷たくそっけない顔をしている。
何時もの様に林道を南斜面に向かって登って行くと、流石に雪は全くない。
 
Img_20170213_111906
 
暫くして、林道下から吹き上げて来るシカ臭に反応し、活きよいよく坂を降りていく・・・すぐさま追い鳴きに変わる。GPS受信機で確認すると何時もの様なコースを追跡している。
今日は、アサ号に思う存分追跡させてやろうと言うご主人様は鉄砲を持たずに来ている。
約30程追跡した後、ご主人様の方に追い回して来る。ご主人様は息を殺して追い鳴きする方向に視線を向ける・・・・すると大きな牡シカがドサドサと尾根から真横に降りて来た。
ご主人様は、すぐさまスマホを取り出すが、時すでに遅し・・・シカでなくアサ号を撮影。。。
何時もならスマホの代わりに鉄砲が鳴り・・・一巻の終わり。。。
 
Img_20170213_124959
 
その後、シカは裏山の降雪地に逃げ込み、何とかアサ号の追跡を阻止しようとするが、最近のアサ号は、連日の山入で筋肉の鎧を撒いた凄い体躯になっており、体力と持久力も十分に備えているので、シカとのレッドヒートは見ものだ!・・・。
約2時間程追跡して、追い鳴きが止まったので、ご主人様は今日はここまでと、ポケットから弾の空ケースを取り出し、帰ってこいコールの『ピッピッピー』と何度も吹くと、約10分程でアサ号は帰って来た。
雪山で滑るのか、かなり疲れている様だ。今日は引き綱に繋がれなくても、ご主人様より先にトボトボと車に戻って行く(笑)。
 
この分だと、明日は我々にも山行の順番が回ってきそうだ!!!。。。
 
Img_20170213_112704

« 西日本に記録的な大雪の恐れ | トップページ | スミレ号の旅立ち »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事