« ネット世代のサル知恵 | トップページ | かかし夢街道 »

2017年3月 6日 (月)

蜂須賀ザクラが満開

今日、四国徳島の当地は、日中の気温が16℃と暖かいと言うより暑く感じる。
ご近所には、非常に珍しい「蜂須賀ザクラ」が植えられており、今正に満開である。このサクラは寒ザクラ桜の一種で、一般のソメイヨシノ種より1ヵ月余り先に咲く。

名前は、徳島藩を治めていた蜂須賀氏に由来する。廃藩置県に伴い最後の徳島藩主となった蜂須賀茂韶が、城内に植えられていたこのサクラを重臣の原田一平に管理を託したとされている。以後250年に亘って原田邸(武家屋敷:登録有形文化財)に移植され大事に育てられて来た。1999年に徳島市内の育苗家が苗の育成に成功して以来、一般にも普及して行ったと聞いている。

ご近所の蜂須賀ザクラもその当時に入手されたようで、木々は未だ大きくはないが、毎年2月下旬から美しい花を咲かせ、ご近所や散歩中の方々に一足早い春を告げている。
Img_20170306_094612

« ネット世代のサル知恵 | トップページ | かかし夢街道 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事