フォト

リンク

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« 基礎訓練(必見!) | トップページ | 超低温期の対策と効用 »

2018年1月27日 (土)

リュウ号単独デビューで牝鹿ゲット(動画)

おはようございます。四国徳島は、天空に雲一つない快晴で、とても良い天気です。我々も運動場で久しぶりにポカポカと日光浴を楽しんで居ます

さて今日は、一昨日愛知県のオーナー様T氏より、久しぶりに写メが届き、リュウ号がシカ猟の単独猟デビューの初日に運よく牝シカをゲットしましたとの嬉しい便りを紹介します。
一昨年から年初にかけて、牡1頭、牝5頭が死亡するという暗いニュースが続いていましたので、リュウ号の嬉しい便りは我々もご主人様も大変喜んでおります。
リュウ号のオーナー様は、自動車関係の仕事(設計エンジニア)をされていて、世界各国に出張されている忙しいハンターです。昨年もヨーロッパに出張されていたようです。この様にオーナー様は不在が多く、リュウ号は奥様と暮らす日が多く、とても仲が良く毎日のお散歩も楽しみの一つと思います。散歩中の他犬や他人にもとても友好的でお行儀がよく、自宅は住宅街ですが無駄吠えも一切せず賢い犬との評判の様です。また、当初散歩中は、耳の長い珍しい犬を見て、『何という犬種ですか?美しい犬ですね』等と話に花がき、多くの愛犬家と友達になっていると思われます。

話を猟犬のリュウ号に戻します。ご主人様もリュウ号は恐らく奥様のペットになるだろう!と考えていたようです。しかし、オーナー様は、忙しい合間をみては1時間でもとコツコツとリュウ号を車に乗せ、ご主人様が提唱するサツマビーグルの基礎訓練に取り組んでいました。その努力が1才6ヵ月と言うやや遅い年齢になって実を結び、オーナー様から100m余り狩りこみが出来きるまでになりました。オーナー様曰く、リュウ号はとても頭がよく、指示に良く反応する使いやすい犬になりました。ご主人様がよく言う「コツコツが勝つコツ」・・・まさにそれを実証したT氏の努力には敬意を評するばかりです。
基礎訓練の極意は、訓練犬を信じ「あせらず」「いそがず」「さわがず」の精神で、気長に訓練犬の自主性に任せた訓練を行うこと・・・ご主人様のこの言葉を肝に銘じてやってきて本当に良かったと感無量の様子でした。
当日は、久しぶりに休みが取れたので、意気揚々とリュウ号を車に乗せて、以前グループ猟で行ったことがある猟場に向かったらしいです。ご主人様の指示の通り、倒木や山腹崩壊で放置された林道をゆっくりと前進していく。決してあせってはならないと肝に銘じ、リュウ号の自主性に任せ、高鼻で漂臭をキャッチしている仕草をしているときは停止し、リュウ号が前進すればゆっくりと進む・・・を繰り返して行く。そして乾いた谷筋に差し掛かった時、遂にリュウ号が立ち止まり臭いが来る方向を気にしているようなので静に見守ってやると、リュウ号が足早に杉林の中に消えていった様です。
以下ご主人様の推測・・・オーナー様は、リュウ号を信じて銃に弾を込めてバックストップを確認し様子見をしていると、リュウ号がウォンウォンと低い大きな声で鳴きだし、突然牝シカが目の前に飛び出して来たので、思わず銃を発射したら牝シカは運よく倒れたようです。しかし、半矢になった様で谷筋で座り込んでいます。すぐさまリュウ号も駆け付け、オーナー様が半矢の牝シカの所に誘導し『ソレソレ! イケイケ!』と勇気を出して飛びつけ・・・と元気づけてやると、なんと初めて見るシカにガブガブと噛みつき、猟欲発現に火が付いたようです。長い間の苦しい訓練を思い出しうれし涙で興奮したことでしょう・・・(笑)
オーナー様は、大喜びでご主人様に報告して来ました。それはそれは少年の様な心も弾み嬉しそうでした。何時もは落ち着いた話し方ですが、今日ばかりは別人のようにしゃべります。恐らく電話の後でリュウ号の頭を撫でながら、又もやうれし涙を泣かしたこととお察しします。。。おめでとうリュウ号!、おめでとうT氏!。。。。

昨日も休みで、リュウ号を連れて山入りし、途中ご主人様の元に電話がありました。ご主人様は、谷筋からリュウ号を入れるようにアドバイス。谷筋は、寝屋から起きたシカ等が一番に水を飲みに来るので臭いが濃く、若犬でも起こしがわりと出来やすい・・・ことを説明。
ご主人様も当日はアサ号を連れてシカ猟をしていましたが、そっちのけでT氏にアドバイス。連絡がないので起こしは出来なかったのか・・・と思っていると、小シカを10分程追って咥えました・・・と、昨日に続き嬉しい報告。携帯の短い動画も送って頂きましたが、本格的な咥えかたです。ご主人様はメールで『リュウは化けましたね、もう立派にシカ猟犬です!』と祝辞を返信しました。

猟犬はあるきっかけで大きく化け、一人前の猟犬として成長し、やがて完成犬し、あるものは名犬としてその名を後世に残すことになります。
栃木県の亡きリュウ号の様に、地元グループ猟師からも信頼され尊敬される立派な名獣猟犬として活躍できる日を、遠く四国徳島の地より応援しております。

以下にオーナー様から送って頂いた写真と動画を紹介します。

写真① 家庭でのリュウ号
頭骨がよく発達した素晴らしい若牡に成長しています。家庭では、物静かで大人しく、無駄吠えは一切しない賢い犬のようです。奥様の躾と愛情をかけた飼育の賜物です。無駄吠えをしないことは、住宅密集地の当地では犬を外で飼育する絶対条件です。
Img_20180126_150358
写真② 半矢の牝シカにファイトするリュウ号
オーナー様も興奮しており写真はほとんどピンボケでした・・・(笑)
Img_20180126_150617
Img_20180126_150718


動画・・・半矢の牝シカにファイトするリュウ号
オーナー様もリュウ号も、初めての単独猟で初めて牝シカを獲りました。
牝シカは半矢となり、リュウ号は初めて見るシカに猛烈なファイトを見せました。


 
動画 見る
    左の動画をクリック(押す)しますと見えます。
 
 
下記のボタンを押しますと関連するブログがご覧頂けます

にほんブログ村

 
 

« 基礎訓練(必見!) | トップページ | 超低温期の対策と効用 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事