« 人・犬のマダニ感染症 | トップページ | マリーちゃん出産まで後10日 »

2018年5月29日 (火)

大型サツマビーグル作出

おはようございます。。。四国徳島は、気温24℃で曇り空です。。。どうやら夕方から明日の夕方までは雨模様になるようです

今日は、先日京都のオーナー様K氏夫妻に同行し、ダイ号が生後8ヵ月振りに里帰りしてくれましたので紹介します。

ダイ号は、四国プリンス犬舎の系統繁殖4代目の純血サツマビーグルです。父親は姿芸両全の大型美犬のアサ号、母親はバセットタイプ美犬のマレ号で、両親の良いとこ取りで生まれ、若犬ながら堂々とした大型犬で、骨太でガッチリとした「これぞサツマ!」と言う、サツマ愛好家にはたまらない素晴らしく美しい体躯をしています。
現在、生後8ヵ月で、体高58cm、体重30kgと言う堂々たる大型犬です。性格もフレンドリーで明るく、鳴き声も太く大きく、追跡犬の資質も備わっています。
現在、シカ猟犬として訓練中ですが、山入(捜索)も良いようです。最近は、起こしも追い鳴きも始めたようで、今後の成長が楽しみです。
絶滅が危惧されている本犬種にとっての救世主と成りえる秀逸犬であり、将来の種牡候補として順調な成長を切望しています

サツマビーグルは、今から60年ほど前が全盛期で、盛んに品評会も開催されていました。当時は体高で、小型(39cm以下)、中型(40cm~54cm)、大型(55cm以上)に分けられていたようです。
しかし、現在は純血種が少なくなり、大中小が入交り、繁殖しても同腹でもなかなか大きさが定まらないのが実状です。現存するサツマビーグルの殆どは中型で、小型と大型は殆ど見たことがありませんでした。しかし、ギン号とスズ号(ハク号直仔)の間に生まれたアサ号は、体高55cm、体重25kgと言う素晴らしい大型犬の第1号として成長しています。
この度のダイ号は、アサ号の直仔で、2代続けて大型犬となり、遺伝的にも継承固定)されつつ有ると、ご主人様は確信しているようです。


以下、昔の大型サツマビーグルと四国プリンス犬舎の系統繁殖犬を比べてみます。


写真① 50年前の品評会で優勝した大型部門の優勝犬
説明が要らない素晴らしい体躯のサツマビーグルで、惚れ惚れします・・・(拍手)。
この犬は、当犬舎が系統繁殖の目標としている犬です。
Img_20170624_151130

写真② 四国プリンス犬舎の系統繁殖4代目のダイ号
ダイ号と上記優勝犬と非常に良くにていませんか?・・・。本犬はまだ生後8ヵ月なので、成犬になれば身体も筋肉質となり、更に似てくると思います。
※ 夢にまで見た50年前の素晴らしいサツマビーグルの再来に一歩近づき、保存活動に元気をもらっています(ご主人様談)
Img_20180525_152926_2

写真③ 四国プリンス犬舎の系統繁殖3代目で初めて誕生した大型犬のアサ号
アサ号は、シカ猟犬として完成し、狩猟や有害駆除で活躍しています。今後は種牡として保存普及活動に取り組んでいく予定です。
Img_20160815_084309


絶滅寸前の日本固有の獣猟犬『純血サツマビーグル』の保存普及活動に取り組んでいます。
頑張れ!コールは、下記バーナーのクリックでお願いします

« 人・犬のマダニ感染症 | トップページ | マリーちゃん出産まで後10日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事