« また捕獲報償金の不正受給(怒り!) | トップページ | コロナ感染発生と志村ショック! »

2020年4月 1日 (水)

豚熱(豚コレラ)の最新情報!

お早うございます。。。四国徳島は、気温13℃で雨が降っています。

当地徳島県は、イノシシとシカは猟期が3月31日まで延長されていましたが、昨日で終わりました。
今猟期については、後日報告させて頂きます!。

最近連日の様に、新型コロナウイルスの感染拡大がTV等で報道されております。

一方、以前は大きな問題となっていました豚熱(豚コレラ)に関し最近は全く報道されず、どの様な状況になっているのか関心が深い方も少なくないと思います。

そこで本日は、最新の情報をネット検索で調べましたので、その要旨を紹介させて頂きます。



◆豚及びイノシシ飼育施設における発生
・平成30年9月9日、岐阜県岐阜市の養豚場において、国内では26年ぶりに発生が確認されました。
令和2年2月25日時点、10府県57事例(岐阜県、愛知県、三重県、福井県、埼玉県、長野県、山梨県、沖縄県)及び関連する3府県(長野県、滋賀県、大阪府)が発生し、約16万5千頭が殺処分されています。
・平成31年2月6日に愛知県、令和元年7月29日に福井県、9月13日に埼玉県、9月14日に長野県、11月16日に山梨県、令和2年1月8日に沖縄県における発生が確認されています。

311


◆野生イノシシにおける発生
・平成30年9月13日から、野生イノシシの感染が確認され、その後、野生イノシシでの感染検査において要請頭数が増加し、発生地域が拡大しています。
令和2年2月21日時点、12県(群馬県、埼玉県、富山県、石川県、福井県、長野県、岐阜県、愛知県、三重県、滋賀県、静岡県、山梨県)で感染が確認されています。

313-2 

発生状況並びに図等につきましては、メディアもコロナ一色の報道となっておりますので、最新のものは非常に少ない様です。

今回の調査で驚きましたのは『 沖縄県 』での豚熱の発生です。
近畿や関東地方は野生イノシシ等により感染が水平拡大されるのは理解できますが、海を隔てた遠く沖縄県に豚熱が発生したのは驚きです!。
こうなりますと、もう!どの県で豚熱が発生しても何ら不思議では無くなりました。

感染病は本当に恐ろしいですね!!!
感染病対策は、目に見えないものとの戦いとなりますので、全国民が地道な行動をしっかりと実行して行くしか方法は無いようです・・・


【 後記 】

これまでは、『 豚コレラ 』と言う名前で報道されていましたが、2019年12月24日に家畜伝染病予防法が改正され、2020年2月5日から正式に『 豚熱 』となりました。

名称を変えた理由としては、豚コレラと言う名前では人が感染するコレラと誤解され、病気の実態と会わないからの様です。

そもそも豚コレラと言う名前は、19世紀にアメリカで初めて発生が確認された際に、同地域で人のコレラも発生していたことから、『 関連があるのではないか? 』等から豚コレラと命名された様です。

313-1 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

拝読後のご感想で・・・
豚熱で、10府県の57養豚場で16万頭余り
もの多くの豚が殺処分されている他、
海を隔てた沖縄県にも感染が拡大している
ことに驚きを隠せません!

と思った(感じた)方は・・・

下の写真をポチッ!とクリックお願いします!
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
( 写真は高鼻でシカ臭をキャッチしているナツ号 )


« また捕獲報償金の不正受給(怒り!) | トップページ | コロナ感染発生と志村ショック! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事