« 犬舎運動場の猛暑対策! | トップページ | 猛暑対策とその効果! »

2020年6月26日 (金)

ソラの姿芸 系譜からの考察(保存版)!

お早うございます。。。四国徳島は、気温30℃で晴れていますが、午後からは曇りとなり一時小雨が降る予報です。

運動場の外は、朝から日差しが強く暑いようですが、寒冷紗のお陰でとても快適に過ごしています(感謝)

ご主人様は、今朝も6時から前山公園の中級コースの散歩に行っていましたが、ハクビシンに出会った様です。


さて今日は、当犬舎期待のソラの姿芸を系譜から考察したいと思います。

何故に考察するのか?
それは、ソラの成長が止まらず、休養中に更に大きくなり、既に母親のリリーや父親のハチより大きくなっている他、毛色は両親に全く似ず、頭以外の胴体には黒の斑点が、四肢と腰部には茶色の斑点がびっしりと入っています。

また、猟欲は生後6ヵ月で初めて山入し、行き成りアナグマを30分余りも追い鳴きすると言う離れ業をやってのけ、その後はイノシシの洗礼を受け休養するまで、シカ猟においては広範囲な捜索からの起こし、幼犬とは思えない上手な追跡の他、捜索し獲物が居ない場合の帰りも良く、呼び笛での呼び戻しも完ぺきに反応し戻って来ます。

更に、車酔いも最初から一切なく、性格もフレンドリーで明るく温和である他、尻癖もよく清潔感を好み、病気一つしない頑健な体で非常に飼いやすい犬です。

しかし、我家ではまだまだ子供です!。。。
給餌時は騒がしい他、大きな体でプロレスごっこで遊ぼうとしますので皆なクタクタです!(大笑)



今日は、両親に全く似てないソラの「大きな体」と「珍しい毛色(頭以外全身に黒茶の斑点がある)」について、系譜(先祖犬)を辿って調べて見ましたので紹介します。

ソラは、四国プリンス犬舎の4代目のサツマビーグルとなります。

 Img_20200505_102649_20200626092101

繁殖者:四国プリンス犬舎
出生地:徳島県
生年月日:2019.08.24
体型:体高=52cm、体重22㎏(10ヵ月)
用途:狩猟(シカ猟)




それでは、ソラがどの先祖犬に似ているかを考察してみます!。。。
( サツマビーグルは、以下サツマと略 )

◎ 猟芸
①捜索=高鼻と地鼻を上手く使い分け中速でエネルギッシュに狩り込む。
・これはサツマの特徴(資質)でもあり、全ての先祖に共通。
②起し=臭腺を拾うと足早に狩り込み、起こしは速い。
・サツマ特有の高鼻と地鼻を上手く使い分け、全ての先祖に共通。
③追跡=追跡は非常に上手である。
父親のハチ号に似て、連続鳴きの美しい声で、長時間追跡できる。
④連絡=捜索中は絶えず主人の位置確認を怠らない。
・サツマ特有の猟芸で、全ての先祖に共通。
⑤帰り
=広い捜索から獲物が居ない場合は、一旦主人の下に帰って来る。
・サツマ特有の猟芸で、全ての先祖に共通。
⑥呼び戻し=主人から呼び戻しの笛(20番スラッグ弾空ケース)が聞こえると、操作を中断し戻って来る。
・サツマ特有の猟芸で、全ての先祖に共通。


◎ 体型
①体高・体重=体高52cm、体重22kgで、牝犬標準は体高45cm前後、体重15kg前後、牡犬標準は体高50cm前後、体重20kg前後であり、牡犬と同じ大きさである。
・先祖犬は全て標準体型であり、唯一父系の初代タロー号が大型であったことから先祖返り(隔世遺伝)と考えられる。
②毛色=頭部は濃い茶色、耳は大きく長く垂れた絞り耳、胴体には1円玉状の黒の斑点、四肢と腰部には茶色の斑点がびっしりと入っている。
・頭部の色素が濃いのは、母系に似ている。
・耳は、絞り耳で大きく長く垂れているのは、母系に似ている。
・胴体、腰部、四肢の斑点が多く入っているのは、母系に似ている。

まとめ=骨太でガッチリとした体型は父系、顔付や耳の長さ並びに毛色は母系から遺伝継承されたものと考える


◎ 性格
①性格
=フレンドリーで従順で温和。
・サツマは、従順で温和、忍耐強く、飼主に忠実で警戒心も強く、自分が信頼した人の指示しか聞かない頑固な一面(侍気質:薩摩隼人)も持ち合わせているが、フレンドリーな性格は、父親ハチ号譲りである。
※ 当犬舎は品種改良で、警戒心が少ない気質改良に重点を置いており、在籍犬はフレンドリーな性格で飼いやすくなっている。
②尻癖
=尻癖はよく、非常に清潔感を好む。
・サツマ特有で、全ての先祖に共通。

◎ 遺伝病
①皮膚病=特になし
 ・父系及び母系共に遺伝的な皮膚病はない。
②先天性疾患=特になし
 ・父系及び母系共に遺伝的な疾患はない。



【 総括/考察 】
ソラの猟芸の内、「猟芸発現が早い」、「上手な追跡」等は父系によるものである。

スピーディな捜索、起こしが早い、帰りが良い、呼び戻しに反応できる等については、サツマ特有の猟芸で全ての先祖に共通している。

大柄な体型は父系に、逆に毛色は母系によるものである。

フレンドリーな性格は、母系及び父系共にサツマ特有の警戒心が見られ、唯一父親のハチ号によるものである。

一方、尻癖及び先天性の疾患及び皮膚病等は、父系及び母系共に全く認められない。

以上のことから、ソラのフレンドリーな性格、大きな体並びに上手な追跡は父系、逆に変わり毛色は母系の遺伝を継承していることが判明。

即ち、今日までの保存活動(品種改良)で良い所は継承し(残し)、当犬舎の改良目的の一つ「警戒心を少なくする」は4代目にしてフレンドリーな性格に改良できたと言える。

この4代目のソラを今後『 四国プリンス系サツマビーグル 』の初代犬として、今後の保存活動に取り組んで行きたいと考えている。



以下、ソラの両親の系譜(先祖犬)を写真で紹介します。

尚、我家(四国プリンス犬舎)では、ご主人様が現在のみならず、過去の先祖犬についても出来る限り情報収集し、PC(パソコン)で一元管理しています。


     父 系    


初代 タロー号(牡)

F1000783

繁殖者:H.M
出生地:鹿児島県
生年月日:2010.05.05
体型:体高=58cm、体重=27kg
性格:従順で穏和
用途:狩猟(ノウサギ猟)



2代 シロー号(牡)

_094057-2

繁殖者:T.M
出生地:鹿児島県
生年月日:2014.08.25
体型:体高=50m、体重=20kg
性格:従順で穏和
用途:狩猟(ノウサギ・シカ猟)


3代  ハチ号( 父親 )

_094057-1

繁殖者:K.T(四国プリンス犬舎委託繁殖)
出生地:愛媛県
生年月日:2016.06.17
体型:体高=48cm、体重=20㎏
性格:従順で穏和
用途:狩猟(シカ猟)



    母 系     

初代 リュウ号(牡)

66832522

繁殖者:M.H
出生地:鹿児島県
生年月日:2013.04.15
体型:体高=50cm、体重=20kg
性格:従順で穏和
用途:狩猟(シカ・イノシシ猟)


2代 ベル号(牝)

153720-1

繁殖者:四国プリンス犬舎
出生地:徳島県
生年月日:2015.06.17
体型:体高=48cm、体重=18kg
性格:従順で穏和
用途:狩猟(シカ・イノシシ猟)


3代 リリー号( 母親 )

03413

繁殖者:H.M(四国プリンス犬舎委託繁殖)
出生地:鹿児島県
生年月日:2017.01.16
体型:体高=45cm、体重=16㎏
性格:従順で穏和
用途:狩猟(シカ・イノシシ猟)



【 後記 】

ソラは、身体が大きく毛色も変わっており、全く両親と異なっていることから、父系と母系の先祖犬について調べてみました。

その結果、体は父系(初代タロー号)、毛色は母系(初代リュウ号)の遺伝を受け継いでいることが分かりました。

即ち、ソラは3代前に先祖返り(隔世遺伝)して誕生したと言えます。

また、猟芸は、猟欲発現が早く、追跡が上手なのは父系の優勢遺伝と考えられます。

但し、フレンドリーな性格は、父系および母系共に警戒心が強く、完全に父親のハチ譲りで有ることも分かりました。

以上で、何故にソラが「 体が大きく毛色が変わっている、猟芸発現が早く追跡が上手、フレンドリーな性格 」と言う、サツマには稀と思われる姿芸の謎が解けました。

何と!、良いとこ取りの素晴らしいサツマに生まれ変わっている(品種改良が成功している)ことが裏付けられ、ご主人様も大変喜んでおられます。

ソラには、今後、サツマビーグルの後継犬(台牝)として、今後の改良の基礎犬( 四国プリンス系サツマビーグル )となることを願っております。


<追記>

ソラの兄妹犬並びに前腹の兄妹をお持ちのオーナー様は、ご自身の愛犬がどの先祖に似ているかを一度考察してみて下さい。
そして、この度のブログは3代前までの貴重な先祖犬の情報(写真、体型など)が掲載されていますので、是非保存されることをお勧めします。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

拝読後のご感想で
・・・
この度ソラを通じて、貴犬舎における遺伝的な姿芸評価を始めて知りました
先祖犬のデータ(猟芸、体型、性格、疾病など)をPCで一元管理されているのは驚きました!
今後共、素晴らしいサツマビーグルを後世に残して欲しいと願っています!
と思った(感じた)方は・・

下の写真をポチッ!とクリックお願いします!
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村

( 写真は山入訓練中のソラです )


« 犬舎運動場の猛暑対策! | トップページ | 猛暑対策とその効果! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事