« 我が町が「住み心地」四国一に! | トップページ | 狩猟解禁 違反監視! »

2020年11月13日 (金)

狩猟解禁日は日曜 違反事故に注意!

いよいよ、この日曜日から令和2年度の狩猟が解禁されます。

今年は、解禁日が日曜で、多くのハンターが出猟されると思います。

ご主人様は猟銃安全指導員として、解禁日は所轄警察署生活安全課の担当者と担当地区内猟場の巡回監視を行っています。

当日は、ハンターも多いと思いますが、狩猟違反を取り締まる警察、県職員の他、猟銃安全指導員、鳥獣保護委員、狩猟安全指導員等も数多く猟場を巡回していますので、違反事故がないようにしたいものです。


巡回監視パトロールで、特に注意している違反を列記しておきますので、十分注意して下さい。

1)日出前、日没後の発砲はしないこと。
2)服装
・外部からよく確認できる赤色等の帽子やチョッキを着用すること。
3)猟銃所持許可証を持参すること。
4)狩猟免状(有害駆除従事者証等)の持参並びに狩猟バッチを帽子又はチョッキの見やすい箇所に着用すること。
5)銃の保管
・車に銃を保管し、その場を離れないこと。
・車に銃を載せ移動するときは、銃袋に入れその上から銃と分からない様な覆いをすること。
・軽トラの荷台にアルミケースを固定し、鍵を掛けて銃を保管している方がしばしば見受けられますが銃刀法違反となりますので注意して下さい。
6)公道や林道で銃を持って通行する際は、銃袋等に入れること。
7)柵等で囲ったり、農作物が植えられている農地等に入る場合は、事前に所有者の承諾を得ておくこと。
8)その他


特に多い違反

① シカ猟を車で流し猟をしている方で、銃袋に入れずに又は直ぐに取り出せるように銃が袋から見え隠れしているケースが良く見られます。
特に、銃に弾を込めて移動してしている場合は銃刀法違反となりますし、ご自身等への安全も兼ね絶対にしないでください。

② 獲物を谷川等で解体している時、車に銃が積まれている(放置されている)場合が見受けられますが、この場合も銃刀法違反になりますので銃は近くに置いて管理する様にして下さい。

③ 住宅の集合地(旧人家稠密の場所)での発砲は、鳥獣保護法違反並びに銃刀法違反になりますので、予め猟をする地域の状況を調査の上で行って下さい。

※ 住宅の集合地とは・・半径200mに人家が10軒以上ある場所(平成12年24日の最高裁の判例)


以上、ご主人様が猟銃安全指導員として巡回監視パトロールを行っています際の違反チェックの概要について、ご参考まで提示させて頂きました。


猟銃安全指導員は、公安委員会発行の写真付きの身分証明書「猟銃安全指導員証」と腕章を付けて活動していますが、警察官の様な逮捕権は無く、あくまで指導を行う事ことが法令で決められています。


成りすましに注意!

猟銃安全指導員に成りすまし、違反発見を証拠に銃や所持許可証の提示等を求められた場合は、落ち着いて身分証明書の提示を求めてください。
決して・・腕の腕章だけで判断してはなりません!。

猟銃安全指導員は、身分証明書を提示した上で銃の保管等について確認できますが、あくまで任意であって相手の了解が無ければ実行することは出来ませんので、是非知っておいてください。

但し、猟銃安全指導員から違反を指摘され、適切な指導を受けた場合には謙虚な気持ちで応じて頂ければ幸いです。

猟銃安全指導員も同じハンターですので、余程の妨害行為等が無い限り警察署(生活安全課)に通報する様なことは無いと考えます。


過去の残念な事象・・・

猟銃安全指導員に警察官が同行している時に、上記の違反が見つかる場合がある様です・・

それが知り合いのハンターの場合に本当に辛いと思います・・(>_<)

その場合・・猟銃安全指導員は猟仲間から嫌な陰口を吹聴される辛い思いもする役柄ですが、違反を救ってあげることへの思いやり指導で取り組んでいる方も多いと思います。

因みに!、猟銃安全指導員は「名誉職」で、幾ら巡回監視パロールを行っても日当どころか、ガソリン代も出ません!・・(>_<)

猟銃安全指導員は、所轄警察署長が公安委員会に推薦しますが、その際の要件に一般的な事項(経歴、社会的な信頼等)に加え、生活にある程度余裕がある人と言う項目がある様ですが納得できます。


猟銃安全指導員は、ハンターからは敬遠される立場にありますが、違反からハンターを守っている!と言う自負もあります!。

これがないと・・やっておられません!!!

ご主人様も約6年間やっていますので、そろそろ代わって欲しいと思っているのですが???・・

所属猟友会に代わってくれる適当な方が居ないと言う理由から、当初2年と言う約束がもう3期(1期2年)に入っています・・(-_-;)

所轄警察署生活安全課からも任期が終わる様になりますと「何とかお願いします」と懇願され、泣く泣くやっているのが実情です・・

嫌われるだけで何の得にもならない名誉職!・・ ( 誰もやりたがらないのは当たり前! )


本日も、またまた最後は老ハンターの愚痴になりましたが、どうか違反事故だけは絶対に起こさない様に願っております。


0913_20201113113101




◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

本日も最後までお付き合い下さり、ありがとうございました!

もし宜しければ、応援のつもりでクリック頂ければ幸甚です!

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村  犬舎(運動場)


« 我が町が「住み心地」四国一に! | トップページ | 狩猟解禁 違反監視! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事