« 山梨のランボー 遂に猟芸完成! | トップページ | アサナツ コンビ初のシカ追倒し! »

2021年2月24日 (水)

ボーガン不法所持に罰則!

本日は、銃刀法が改正され、ボーガンの所持が許可制になると言うニュースの紹介です。

先ずは、ボーガンの写真からご覧ください!

下の写真がボーガン(正式名はクロスボウ)です・・

Photo_20210224114301

 

次いで、本日のニュース記事をご覧ください!

( 出典:毎日新聞 2/24 )

政府は24日、殺傷事件が相次いだクロスボウ(洋弓銃)について、所持を都道府県公安委員会の許可制とすることを柱とした銃刀法改正案を閣議決定した。所持や譲渡などの違反は空気銃と同等の罰則を定めた。今国会で成立すれば、2022年中に施行される見通し。

クロスボウはボーガンとも呼ばれ、20年6月に兵庫県宝塚市で4人が死傷した事件などを受けて、規制の必要性が指摘されていた。弓の原理を使った発射装置を銃刀法で規制するのは初めて。

規制対象となるのは、引いた弦を固定して矢を発射する装置がある弓のうち、人の命に危険を及ぼす威力があるもの。市販されている中で最も威力が弱い「ピストルクロスボウ」も含まれる。所持を許可するのはスポーツとしての標的射撃や動物麻酔などに限り、不法所持していた場合の罰則は3年以下の懲役または50万円以下の罰金とした。

18歳未満や一定の犯罪をしてから期間が経過していない場合などは所持できない。標的射撃の場合は3年ごとの更新制とし、講習を義務付け、使用する場所の条件も定める。

販売業者にも規制が掛かる。事業を行う際は各地の公安委員会への届け出が必要で、インターネットで販売する際は購入者の所持許可証を原本で確認しなければ処罰の対象とする。

以上が、ニュース記事全文です。


【 後記 】

やっと政府も24日、殺傷事件が相次いだボーガン(クロスボウ:洋弓銃)について、所持を都道府県公安委員会の許可制とすることを柱とした銃刀法改正案を閣議決定しました。

所持や譲渡などの違反は空気銃と同等の罰則となる様です.。

即ち!、不法所持していた場合の罰則は3年以下の懲役または50万円以下の罰金となります。

今国会で成立すれば、2022年中に施行される見通しです。

とても厳しい罰則になり驚かれている方も多いと思いますが、この様な殺傷能力が高いボーガンを今まで何の規制も無く放置していた当局の姿勢に猛省を促したいと思います。

公園のカモやネコがボーガンで撃たれ、体に矢が刺さっているTV報道をご覧になった方も多いと思います。

この時に、当局がボーガンの殺傷能力に気付き法改正をしていれば、兵庫県宝塚市の4人殺傷事件は防げたかも知れません!

遅きにではありますが、銃刀法を改正し、ボーガンの所持を許可制にしたことは評価したいと思います。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

本日も最後までお付き合い下さり、ありがとうございました!

もし宜しければ、応援のつもりで下写真をクリック頂ければ幸甚です!

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村  犬舎(運動場)

 

 

« 山梨のランボー 遂に猟芸完成! | トップページ | アサナツ コンビ初のシカ追倒し! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事