フォト

リンク

2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 犬舎運動場周辺の芝刈り! | トップページ | 「絶滅」していなかった? »

2021年7月28日 (水)

牡仔犬は熟慮の末 自家用を断念!

ご主人様は、昨日、ソラの牡仔犬を残すことを断念し、予約者に譲渡することを決めました・・( 苦渋の決断です/汗  )

この牡仔犬は、アサや京都のダイと同様に大型犬になると思います・・。


仔犬譲渡の条件としては・・

① 保存普及への協力を頂くこと。

② ハンターであり、且つ、シカ猟をされていること。

③ 我家から車で約4時間以内と言う近場であること。

④ 仔犬は、アサの後継犬であることを認識し、大切に飼育すること。

⑤ 成長の様子を適時報告すること。

以上を説明し、全面的に協力する旨を承諾して頂き、兵庫県に行くことにが決まりました。


新しくオーナー様になられるD氏は、ご主人様と同い年でシカ猟をされており、長年連れ添った愛犬を亡くして困っておられました。

D氏とご主人様は、狩猟感「狩猟は楽しむもの!」や犬の扱い等においてもよく似た考えを持たれていること、車で約3時間余りの近場であること、並びに将来は種牡として使用させてもらうこと等々、我々サツマビーグルの保存普及活動にも全面的に協力させて頂きますと力強いお言葉を頂いたことから、安心して飼育を託することに決めた様です・・( 良いオーナー様で我々も嬉しいです )

ご主人様も、D氏なら牡仔犬を大事に育て、必ずや立派なシカ猟犬にして頂けると確信されています・・。


牡仔犬は、当ブログを拝読して頂いています愛犬家から、高額での譲渡申し入れも複数あった様ですが、『 この牡仔犬は狩猟犬として活躍して欲しいのでペットとしては譲渡できません! 』と丁寧に説明しお断りされた様です。

ご主人様は、決してお金で左右される様な人では無いことは我々も重々承知していましたので、ペットへの譲渡は先ず無いと最初から確信しておりました。

下の写真はその牡仔犬で、サツマの伝承犬「鼻白」として、立派なシカ猟犬となり活躍してくれることを祈念しております。

※ 牡仔犬の父親のアサ、直仔のダイも仔犬の時は鼻白で、共に素晴らしい大型犬のシカ猟犬として活躍しています・・( 牡仔犬も期待大です )

写真では座っているので分からないと思いますが、本当に惚れ惚れする素晴らしい体躯の持主です。

Photo_20210727140601

今週の土曜日にオーナー様がお迎えに来られます。。。

仔犬の名は、『 コタロー 』君と決められた様です・・( 良い名ですよね! )

アサの仔でもありますが、母のソラはタロー系の4代目ですので、コタロー君はタロー系の5代目ともなります。

小(コ)タロー・・とは何とも奇遇な名前で・・今後はタロー系を背負って立つ立派なシカ猟犬となって欲しいと願っています。

※ 初代タローは、体高61cm、体重35kgの大型犬でしたし、父親アサも大型犬と言うことから、双方の血を引いているコタロー君は素晴らしい大型犬になる思います。


ご主人様も暑い中、一生懸命育てた仔犬達とも今週の土曜日でお別れです・・((+_+))


・・・・・・・・・・・


では、本日はこの辺で失礼します・・(@^^)/~~~


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

本日も最後までお付き合い下さり、ありがとうございました!

もし宜しければ、応援のつもりでクリック頂ければ幸甚です!

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村



« 犬舎運動場周辺の芝刈り! | トップページ | 「絶滅」していなかった? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事