« 奴の捕獲作戦開始! | トップページ | 猟車「デッキバン」車検! »

2021年8月27日 (金)

想定外の成長に満足!

本日は、我家(当犬舎)からの近況を報告させて頂きます。

保存会員様やブログ拝読者様から、最近5代目のワカちゃんの記事か少ないので近況を教えてくださいとメールや電話を頂いています。

そこで、本日のブログは久しぶりにワカちゃんの近況を投稿させて頂きます。

それでは、今朝のワカちゃんの写真からご覧ください!

Dsc_0843

どうですか???

女の子にも拘わらず、牡顔で凄い顔でしょ!?

この顔と体は、どう見ても生後3ヶ月の仔犬とは思えませんよね・・(^.^)

でも、ご主人様はアサとソラの交配は間違っていなかったと・・ワカが想定外(期待以上)の体躯に成長しとてもご満悦です!。

先ず、サツマ特有の大きく長く垂れた絞り耳、よく発達した頭骨、骨太でバランスの良い体型、足長にも拘わらず太い四肢、美しい斑点、四肢にはゴマの斑点が早くも入ってきている等、ご主人様が理想として来た純血サツマビーグルの特徴を殆ど持ち合わせた秀逸犬として成長してくれています。

但し、現在の処は?と言うことで、今後の事は神のみぞ知る未知の世界?・・我々も興味をもって見守って行きたいと思います。

・・と言うのも、サツマは生後4ヵ月頃から他犬種に見られない様々な変化が見られるからであります。

今日まで、良いと思った仔犬がその後の変化で普通の犬になったり、余り良くないと思っていた仔犬が何とも素晴らしいサツマビーグルに変貌を遂げることは何度も経験しているからであります・・( サツマの不思議 )

下の写真は、ワカの体型が良く分かると思います・・。

Dsc_0840

最近、ニョキニョキと足が長くなって、我々も驚いています。

通常は、生後3ヵ月では未だ足も短く、歩くと長い耳が地面について、耳半分が汚れているのですが?・・

ワカはとても足が長くなり、将来大型犬になることが期待されます。

母のソラも体高が53cmもある大型犬で、ハチ、ナツより一回り大きく、リリー、フクとは二回りも大きい牝犬です。

大型の父アサと母ソラの遺伝子を良く受け継ぎ、恐らく母ソラより大きくなるかも知れません。


尚、今朝の体重測定結果は、約10kgでした・・。

また、食事は朝夕の2回、一回のドックフード(愛犬元気)給餌量は500ccの計量カップに軽く一杯に食べやすくするため水を全体に掛けて与えています。

1週間前まではドックフードをお湯で蒸らして与えていましたが、現在は上記の様に与えています。

ワカは、我々の様にドックフードを丸呑みせずに、カリカリとゆっくりと噛んで食べますので、消化も良いと思います。

尚、食事量は我々成犬と同じ量を食べていますが、下痢もせず良い形のウンチをしています。

食事量が同じですので、当然ウンチの量も成犬並みです(笑)


それと、もう一つご主人様が想定外と喜んでおられるのが?・・

顔がバセットタイプにも拘わらず、動きがとても機敏なのです・・。

このタイプの犬は、ノテノテと歩いたり走ったり機敏性がないのが一般的ですが、追跡がとても上手で追い鳴き声も良いことから、発祥の地鹿児島ではこのタイプが好まれて来ました。

やはり、ノウサギ猟にはこのタイプの犬でないと長く追えないのでしょうね!。


しかし、大型で足が長いタイプは、極稀ですが父親アサの様に追い鳴きは太いチョッパー(鳴き声を短く切って鳴くこと)の連続鳴きで、しかも高速追跡をやってのける犬もいます。

正に、シカ猟には最適と言えます!・・( シカの天敵 サツマ! )


尚、体型がどの様になるか凡その検討は付きますが、猟芸は全く未知で、特に追い鳴き声は全く想像が付きません!

追い鳴き声は、どうも遺伝しない様です。

さてさて、我家のワカちゃんが今後どの様なタイプに成長を見せてくれるのか、我々も興味津々で見守っています。



【 後記 】

ワカは、生後60日の頃は、体重は重かったのですが体型はバセットタイプで足も短く、余り大きくならないかも?とご主人様は見ていました。

同じ兄妹でも、長野のモネちゃんや兵庫のコタロー君は顔はバセットタイプですが体型は足も長く均整の取れた仔犬でした。

本当に、我々の成長過程は未だご主人様でも良く分からないとおっしゃっています。

これも、以前は顔はバセットタイプでも、体型は小型、中型、大型と3タイプがいました。

しかし、純血種が少なくなったことから止むを得ず3タイプを掛け合わせたことから、遺伝的に均一性が失われた事が「変化」の原因と、ご主人様は考えておられます。

しかし、現在生まれて来る仔犬の98%は中型で、稀に大型も生まれますが、小型は未だ生まれたことはありません!。

毛色についても大部分は、頭部とお尻の一部はタン(茶色)、胴部は白地に黒班と黒の斑点が入るのが一般的ですが、稀に黒茶の斑点が全身に入るものもいます。


尚、サツマビーグルに関する特徴(規格等)の詳細にいては、HP『 日本狩猟犬サツマビーグルの郷 』をご覧ください!。



では、本日はこの辺で失礼します・・(@^^)/~~~


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


本日も最後までお付き合い下さり、ありがとうございました!

もし宜しければ、応援のつもりでクリック頂ければ幸甚です!

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村


« 奴の捕獲作戦開始! | トップページ | 猟車「デッキバン」車検! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事