« 自給自足! | トップページ | 想定外の成長に満足! »

2021年8月26日 (木)

奴の捕獲作戦開始!

我家周辺の水田は、奴(イノシシ親子)によって、稲が踏み倒され、農家の方はもうカンカン!・・(~_~;)

そこで、ご主人様はワナはやりませんので、猟友にお願いし、昨日、前山の麓に箱ワナを設置しました。


下の写真は、我家から前山のを見た光景です。

黄色の印が、箱ワナを設置した場所です。

写真では遠く見えますが、我家から約150mの場所です。

 Dsc_0866_li-2

上の矢印の場所が、下の写真です。

箱ワナは、黄色の印の場所に設置。。。

写真は、道路から撮影していますが、ワナは見えません・・( 安全を配慮 )

Dsc_08591_li

そして、下の写真が箱ワナを設置した状態です。

エサは、サツマイモの屑を入れました。

暫くは様子を見ながら、場合によっては米糠を入れる様です。

Dsc_0001__20210826085401

下の写真は、箱ワナを置いた場所近くで見つけた奴の通いの道です。

Dsc_0851


・・・・・・・・・・・・・・・・・

そして!・・一夜明けた今朝の見回りです。

Dsc_0870

下の写真は、奴によって踏み倒された稲です。

Dsc_0863_20210826104901

昨日は、何時もの通い道も使った形跡もなく、稲も新たに踏み倒されていないことから、奴は別の地域に行っていた様です。

奴は、我家から東西半径約1kmの前山麓を行ったり来たりして、農作物に悪さをしています・・(~_~;)

どうも。散歩している人の話では、犬舎から1kmほど離れた西側の水田にイノシシが入り稲を踏み倒していた様です。

以前は、奴が大好きなスイカ、キンウリ等の甘い夏野菜があったのですが、今は収穫を終えていますので水田に入り稲穂を食害し、その後ゴロンゴロンとダニを落として、帰っているのです。

農家の方は、稲さえ踏み倒さなければイノシシだって生きて行かなければならないので、多少の稲の食害は仕方ないと言われています。



【 後記 】

最初、猟友に箱ワナの設置をお願いしました処、賢くなったイノシシはもう箱ワナでは獲れないと断られました。

そこでご主人様は、幾ら括りワナを仕掛けていていると言っても、農家の方には言い訳にしか聞こえないので、『 見える駆除活動 』としてなんとか箱ワナを設置して欲しいと懇願したところ、理解して頂き引き受けてもらうことになった様です。

箱ワナではもうイノシシは捕獲出来ないかも知れませんが、確かに農家の方への駆除活動のアピールには有効かもしれません。

この様な見える駆除活動は、農家の方の耕作離れの食い止めにも一役買ってくれることと確信しています。

役場も猟友会と共に一生懸命に駆除活動をしてくれているので、イノシシによる稲の食害や踏み倒しも我慢しなければと言う心の変化(妥協)に繋がってくれることを願っています。

農家の方から、箱ワナの餌に使って下さい!と、沢山の米糠の差し入れも頂いています・・( ありがたい! )

役場、猟友会(駆除班)、農家が三位一体でのイノシシの捕獲作戦が開始されました・・( 拍手! )

この作戦(活動)で農家の方にも、イノシシの捕獲が如何に難しいかを、実際に体験して欲しいと思います。

何とか、奴が箱ワナに掛かって欲しいと願って止みません!!!


では、本日はこの辺で失礼します・・(@^^)/~~~


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


本日も最後までお付き合い下さり、ありがとうございました!

もし宜しければ、応援のつもりでクリック頂ければ幸甚です!

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村


« 自給自足! | トップページ | 想定外の成長に満足! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事