フォト

にほんブログ村

無料ブログはココログ

« 今猟期の先陣を切ったのは?! | トップページ | ワカ手術2日目 お見舞いお礼! »

2021年11月17日 (水)

ワカの手術!

本日は、我家の5代目・・おてんばワカちゃんが目の手術をしました。

下の写真の様に、右目の瞬膜が飛び出しています(黄色い矢印部分)。

Dsc_11562_li_20211116161201

瞬膜は、涙を作っている器官でもありますので切除するとドライアイと言う目の乾きが起こりますので、最近は飛び出した瞬膜を「ポケット法」と言う手術で瞬膜を残した治療が行われている様です。

ところが、我家指定の動物病院はこの手術をしたことが無いと言うことで、ご主人様は得意のネット検索で本日の動物病院を探されました。

ワカは、同病院で1ヵ月前に診察を受けましたが、毎日午後からは手術や往診予約が入っており、一番早い日が本日(11/17)でした。

閑古鳥が鳴いている動物病院も少なくない中、とても素晴らしい病院を県道沿いに新築され、とても当たっています。

先生は、まだ若いですが、最新の豊富な知識と技量の持主の様です( ご主人様談 )

また、病院は我家から15分余りと近いのに、その存在は全く知りませんでした(笑)。

・・・・・・・・・・・

本日、ご主人様はワカを連れ動物病院を訪れました。

ワカは、何でも初めてのものには警戒をします。

本日も、待合室で診察の順番待ちをしている時、ブルブルと震えていましたが、皆さんから「大きな耳」「可愛い」「何て言う犬種ですか」・・等々と質問されながら、近寄って来ては頭をナデナデしてもらうと、段々と落ち着いて来て尻尾を振る様になりました。

順応性がとても早いのがワカの特徴でもあります。

そして、看護婦さんから「ワカちゃん・・どうぞ 」と呼ばれ、診察室に。

先生から、『 万全を喫して手術にあたりますが、再発するケースも無いわけではないこと、また全身麻酔をしますので万一の場合も考えられますが了承して頂けますか? 』等の説明があり、手術承諾書に署名し、ワカを引き渡しました。

看護婦さんより『 手術が終わりましたら連絡しますのでお迎えお願いします 』と説明され、ご主人様は自宅に帰られました。

・・・・・・・・・・・・・・

14時00分・・受付の方から『 ワカちゃん無事手術が終わりましたので、午後5時~午後7時にお迎えをお願いします 』と、親切な経過連絡を頂きました。

オーナー様の気持ちを配慮された動物病院の対応はとても素晴らしいと感じました。

・・・・・・・・・・・・・・・

ご主人様は、我々の飼育管理を終えた後、午後5時に動物病院にワカを迎えに行きました。

看護婦さんから『 診察室にお入り下さい 』と言われ入りますと、先生がお出でました。

そして、先生より本日の手術の説明がありました・・。

説明によりますと、ワカの手術は一般的なチェリーアイと異なり、T型軟骨と言うのが変形していたらしく、手術の様子を絵に描いて丁寧に説明をして頂いた様です・・( 中々難しい手術だった様です/汗 ) 

・・・ので、それだけ手術費用も高くなると思っていましたが、請求書を見た年金生活の老ハンターは想定額の2倍と高額で気絶しそうになった様ですが、そこはグッと堪え何とかカードで支払いした様です・・(>_<)


下の写真は、我家に戻りエリザベスカラーを首に装着したままガツガツと餌を食べるワカです・・。

※ 今日は手術があるので一日中絶食していたのでお腹もペコペコだったと思います(笑)。

Dsc_1428-2

何はともあれ、先ずは無事に手術を終え、我々も大変心配しておりましたが安堵しました。

動物病院の先生始めスタッフの皆様には本当にワカがお世話になりました!・・( お礼!・感謝! )

今後、ワカの目の病気「チェリーアイ」が元の様に完治することを祈るばかりです・・。



では、本日はこの辺で失礼します・・(@^^)/~~~


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


本日も最後までお付き合い下さり、ありがとうございました!

もし宜しければ、応援のつもりで下の写真をクリック頂ければ幸甚です!

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村


« 今猟期の先陣を切ったのは?! | トップページ | ワカ手術2日目 お見舞いお礼! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事