フォト

にほんブログ村

無料ブログはココログ

« 大鹿を追い続ける老ハンター! | トップページ | 狩猟通信(7)鹿嚙み倒し! »

2021年12月29日 (水)

フク 台牝デビュー間近!

本日は、出産予定日(交配後62日目)まで後7日となりましたフクの近況を紹介します。


種牡はナツです・・。

ハク系の直系で我家期待の種牡です。
113_20211227141201
(写真は故ハク号)


この度、フクとの交配で子種があることが証明され、名実ともに種牡デビューを果たしました。

写真を見ても分かる様に、ナツは父親ハクと毛色もほぼ同じです。

我々には珍しい真っ白な毛色がとても美しいイケメンです。

162417_20211227141401


さて、フクはと言いますと、下の様な状況です・・

もう!・・お腹はパンパンです・・(◎_◎;)

Dsc_1586_20211227142201

大きいお腹ですが、安産の為、毎夕約1kmのお散歩は欠かせません!

写真は、真上から撮ったのですが、フクのお腹は初産なので今はマエバラで横に膨らんでいます。

Dsc_15822

これが、出産3日前になると仔犬はお腹の方に下りて来ます。

この時期から、繁殖ケージに移動し、環境に慣らします。

Dsc_1587

ナツは、種牡デビューを果たせましたが・・。

フクの台牝としての評価はこれからです。

今の処は、生殖器に関しては妊娠しましたので正常と判断されます。

しかし、台牝としては、産児数、出産時の仔犬の取り上げ、哺育、育児・・等が試され、無事クリアーされなければ台牝にはなれません!

台牝になるには、とても多くの試練を乗り越え、無事仔犬を大きく出来なければなりません!

仔犬は、体型、性格・・等々のサツマビーグルとしての『 仔出し=遺伝継承 』が問われます。

幾ら台牝が素晴らし体躯や猟芸でも、仔出しが悪い台牝は何の価値もなく、その後の繁殖には使用せず、猟犬として(あるはペットとして)生きて行くしか方法はありません!

・・ので、仔出しの良い台牝は犬種を問わず、ブリーダー間では高価で取引されるのが一般的となっています。


更に、狩猟犬の台牝価値は、その直仔を約1年間飼育・訓練し、その結果を検証しなければなりません!。

仔犬の体型は種牡に、気質や猟芸は台牝によく似ると言われています。

品評会系の犬種は種牡(賞歴あり)が重視され、猟犬は台牝が重視されるのはその所以でもあります。

繁殖は、その犬種の品種改良でもあります・・。

ですので・・ブリーダーは当該犬種の未来を担う重大な責務があることを自覚しなければなりません!

繁殖工場の様な劣悪環境で仔犬が次々と生産される販売目的のブリーダーが居ることも事実ですが、それも本年度6月1日付で改正された動物愛護管理法で淘汰され、廃業を余儀なくされると推察します。

犬にも「犬権」があると思います・・。

生まれて来る全ての仔犬が両親の良血を継承し、素晴らしいオーナー様の下で幸せに暮らして欲しいと願って止みません!



では、本日はこの辺で失礼します・・(@^^)/~~~



< 追伸 >
フクの仔犬は、全て予約済です・・。
※ 現在、予約は中止しておりますのでご了承ください。
尚、サツマビーグルの詳細はHP『 日本狩猟犬サツマビーグルの郷 』をご参照ください。




◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


本日も最後までお付き合い下さり、ありがとうございました!

もし宜しければ、応援のつもりで下の写真をクリック頂ければ幸甚です!

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村


« 大鹿を追い続ける老ハンター! | トップページ | 狩猟通信(7)鹿嚙み倒し! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事