フォト

にほんブログ村

無料ブログはココログ

« 狩猟通信(6) 雪中のシカ猟! | トップページ | フク 台牝デビュー間近! »

2021年12月28日 (火)

大鹿を追い続ける老ハンター!

本日は、ご主人様が意地になって追い続けている大鹿(牡ジカ)のお話しです。

初めてこのシカと会ったのは、3年前にある猟場に移動中の畑でバッタリ会いました・・。

( 写真はイメージです )
99d78f2d5a0414fc6975f75f91e797ce-2

ニホンジカにしては、身体も角もとて大きく、何か森の皇帝の様な気品が漂っていました!

ご主人様も我々が我家にやって来て約11年。

シカ猟では、地元では一目置かれる存在になっています。

因みに、シカが少なくなったのはご主人様と我々が沢山獲ったから・・何て言われています(笑)。

・・が、このシカほど気品に満ちた素晴らしい大鹿は見たことがありませんでした!


話しは少し外れますが・・

大鹿となると、当ブログをご覧になっいる方はご存知と思いますが、言わずと知れた若き大物ハンター栃木のT氏を想い出すのではないでしょうか。

ご主人様は、一般のニホンジカと区別するために『 大角鹿 』と命名しています。

・・と言うのも、下に紹介します大角鹿は、飼育していたエゾシカが逃げ出し、地元のニホンジカと交雑したと言われています。

何れも、100kg超級と言う大物です・・( 過去最大は130kg )

写真① 角がとても太く大きいです。

161127_104820-2_20211225160802

写真② 写真の猟犬は、我家のナツの母親ナナです。

それにしても、ナナは中型犬で大きいのですが、この2頭の大角鹿と比べるととても小さく見えます。

森の皇帝と呼ばれるのも良く分かります・・。

こんな大角鹿がマチに飛んで来たら、怖いでしょうね!!!

Img_20171225_060449_20211226102601


話しを本題に戻します・・

ご主人様が見た大鹿は、栃木の大角鹿と比べると小さいと思います。

しかし、共に森で見ますと・・とても威厳と気品に満ちた雄姿に惚れ惚れするのは同じと思います。


ご主人様が執拗に追い続けている大鹿は、もう6才になります。

毎年、訓練や狩猟で数回は見ていますが、全く他の雄ジカとは違います・・。

今年も、11月15日の狩猟解禁日に、猟場の監視パトロール中に林道で会っています。

元気な雄姿を目の前にし、ご主人様はその存在に安堵され、この大鹿を狩りに行く時はとてもやる気十分なのです(笑)

この時見た大鹿は、体も一段と逞しくなり、濃い焦げ茶色は遠目では真っ黒に見え、大きな体躯に大きな角は更に進化している様でした。

ご主人様が、他のシカに目もくれず追い続けるのには申し分のない大鹿です・・。

因みに、地元の老ハンターからも『 化け物 』と呼ばれている様です!。


そして本日も、諦めもせずアサを連れて大鹿狩りに行っておりました・・。

この猟場までの移動中も・・アサが追跡中のマチでもT氏の大角鹿をイメージし胸ドキの様です(笑)

しかし、今猟期は雌シカばかりで、別の雄ジカを見るのも稀になっています・・(≧◇≦)

3年ほど前から、有害駆除の賞金稼ぎハンターが増え、猟場の取り合いも始まっている様で、山は括りワナで一杯。。。

・・で、以前の様に非猟期中に我々を山入させ、追い鳴きを楽しむと言うことは皆無となっています・・(>_<)

我々の追い鳴きを聞きますと、どことなく老ハンターがやって来ては『 有害の邪魔をしないでくれ! 』と??。

しかし、猟期中はお金にならないのか括りワナは殆どありません!・・(^-^;


本日もアサがしっかり追跡しましたが、マチにやって来たのは雌ジカでした・・(>_<)

勿論!・・撃たずにスルーし、アサを回収し帰宅。

ご主人様は、アサとハチとの山入は大鹿でなければ全く無関心です!・・( 無駄な殺生はしません! )

この猟場周辺の雌ジカを残してやると大鹿との間に素晴らしい小鹿も生まれると思います。

大鹿を求め追い続けるのは『 老ハンターのロマン 』の様です(笑)



では、本日はこの辺で失礼します・・(@^^)/~~~



◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


本日も最後までお付き合い下さり、ありがとうございました!

もし宜しければ、応援のつもりで下の写真をクリック頂ければ幸甚です!

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村


« 狩猟通信(6) 雪中のシカ猟! | トップページ | フク 台牝デビュー間近! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事