フォト

にほんブログ村

無料ブログはココログ

« 狩猟通信(9) エマ雪中シカ猟で追い倒し! | トップページ | 狩猟通信(10) 猪が鹿に!? »

2022年1月13日 (木)

系統保存15代目の仔犬入舎!

今日は朝から小雪が舞うとても寒い一日でした・・(≧◇≦)


さて、本日は我家に新しい子犬が入舎したと言うお話しです。

ご主人様は、11年前に我々サツマビーグルの保存普及活動をする前は、何と!35年間に渡りブーギー系アメリカンビーグル一筋に系統保存されていました。

全国のビーグラー(ビーグル猟野競技会に挑戦するハンター等)には、良く知られた存在だった様です。

そして、全猟主催の第12回全国ビーグル猟野競技会決勝大会で成犬部門優勝と総合優勝を同時に獲得し、内閣総理大臣杯も受賞すると言う偉業を成し遂げました。

ご主人様が飼育していたアメリカンビーグルはブーギー系と言うとても優秀な系統でしたが、捜査範囲が狭いと言う欠点も持ち合わせていました。

トライアルも狩猟も、ゲームはノウサギです・・。

ノウサギは、とても賢くビーグルに追われると「トリック」と言う非常に高度な逃げ方をしますので、並みのビーグルは直ぐに臭いを切られ(見失い)追跡はその場で中止となります。

また、走っては「脱兎の如く」と言う諺がある様に、森や林の中を高速で逃げて行きます。

この早い足にトリックと言うすご技で逃げる為に優秀なビーグルが必要となるわけです。


ご主人様が当時飼育していたブーギー系はとても追跡は上手ですが、先程も申し上げたように捜索範囲が狭いために起こし(ウサギの寝屋を発見)に時間がかかると言う欠点がありました。

狩猟もトライアルもノウサギを起こして追跡しないと話になりません!

そこでご主人様は、一念発起し、捜査範囲の広い越しの早いブーギー系を作出する為、地道な系統繁殖を続けて参りました。

そして、系統繁殖5代目の「シコクプリンス・ブーギース・マリー」号(写真下)が、先程紹介しました全国優勝の栄誉に輝きました。

Photo_20220113130901

( ご主人様も41才、とても若~~~い!/笑 )


系統繁殖の道のりは、話せば簡単にみえますが、多くのビーグルの飼育が必要で当時は何時も10頭余り飼育していた様です。

飼育・繁殖の管理は奥様が子育てをしながらご主人様をサポートしてくれた様です・・( 拍手!/感謝! )

犬舎建設の際、奥様から『 雨の日も濡れなく、立ちって作業ができる犬舎 』を作って欲しいと懇願されました。

それが、下の現在の犬舎です。

( 現在は、この犬舎に併設し、運動場も増設しています)
Original4_20220113172701


一つの系統を改良固定すると言うことは、多くの事を犠牲にする覚悟と信念が無ければ到底達成は不可能です。

勿論!、犬が沢山居ましたので家族旅行等は皆無で、行っても日帰りでした(汗)

当時、二人のお子さんは「 お父さんは大嫌い! 」と何時も言っておられた様です・・(≧◇≦) 

尚、ご主人様は『 今日までの偉業は家族の他、ご近所様のご理解なくしてはあり得なかった! 』と、今も感謝の念を忘れたことはありません。


そして、本日我家にやって来た仔犬は、系統繁殖15代目となり、上のマリー号から数えても10代目となります。

現在、ご主人様が系統繁殖して来られたブーギー系アメリカンビーグルは三重、岡山、広島、福岡等の同系に理解があるビーグラーによって、系統繁殖が継続されています。

今日我家にやって来たビーグルは、三重県のT氏が繁殖されたものです。

小雪が舞う寒い四国自動車道の鳴門西パーキングでT氏と待ち合わせ、仔犬を引き取りました。

T氏は、早朝三重から奥様と一緒に来られ、3頭の仔犬を車に乗せておられました。

そして、一段と黒い子犬を手渡してくれました・・( 残り2頭は岡山で飼育 )

・・と言うのも、マリー号以降は他のビーグルとの差別化を図るため、黒一枚(正確には黒勝ち=黒タン白)の毛色をしたビーグルを固定したため、どこのトライアルに連れて行っても一際目立つらしく、今でもこの黒一枚のビーグルを見ると四国徳島の〇〇さんが作出した「シコクプリンス系」ですね・・とオールドビーグラーから声を掛けてくれる様です。

下の写真がご主人様が改良固定されたブーギー系アメリカンビーグルです。

写真の左後が11代目「アイ号」、右後が12代目「ダイナ号」、前列が13代目「ドル号です。
F1000196

この度の仔犬は、ダイナ号のひ孫になります。

※ アウトブリードの影響で胸や足に白が大分入っていますが、今後戻し交配により黒一枚に戻ります。


下の写真は、高速の鳴門西パーキングの入り口下の駐車場で撮ったものです。

Dsc_1625

写真右横の坂道を上って行くと鳴門西パーキング入り口に到着します。

ご主人様は、腰痛を考慮し、輸送箱を運ぶ台車で仔犬を迎えに行きました(笑)。


下の写真は、我家に到着した仔犬です。

早速、芝生に放してやると、あっちこっちと物怖じもせず元気に走り回り、トイレも済ませました(笑)。

Dsc_1646

元気すぎ、ピントが合いません!(笑)

Dsc_1644

奥様が、早速やって来て、『 可愛い! 小っちゃ~~い! 』等々、11年ぶりの懐かしいビーグルに感無量の様子でした。

ご主人様も、『 生後60日で、こんなに小さかったかなぁ 』等、日頃我々サツマビーグルを見慣れているためか驚かれていました!。

11年前は逆に、我々を見て『 大きい! デカッ! 』と、真逆の驚きをされていたのを思い出します(笑)。


下の写真は、犬舎内の飼育ケージに入れてもらった仔犬です。

名前は、恒例のNHK朝ドラから『 ルイ 』ちゃん(牝)と命名する様です・・(^^♪

丸いクルクル目がとても可愛いですよね!

Dsc_1636

ルイちゃんは、昼頃まではギャンギャンと大声で泣いた居ましたが、午後からはケージ内の巣箱内でスヤスヤ静かに寝ていた様です。

朝早くから車での長距離輸送で、疲れたのでしょうね!

恐らく、元気が戻っる今晩辺りからしっかり泣いてくれると思います(笑)



では、本日はこの辺で失礼します・・(@^^)/~~~



◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


本日も最後までお付き合い下さり、ありがとうございました!

もし宜しければ、応援のつもりで下の写真をクリック頂ければ幸甚です!

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村


« 狩猟通信(9) エマ雪中シカ猟で追い倒し! | トップページ | 狩猟通信(10) 猪が鹿に!? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事