フォト

にほんブログ村

無料ブログはココログ

« ガーデンビュー! | トップページ | 今年も行って来ました! »

2022年4月12日 (火)

有害駆除 カラスと知恵比べ!

ご主人様は、今朝、有害駆除に行っておりました。

当地の有害駆除は、猟期中も含め1年を通して実施されています。

捕獲対象鳥獣は、獣類はイノシシ・シカ・ハクビシン、鳥類はカラス・カワウ・カモ・サギとなっています。

当地は、90%以上が平地であり、山は犬舎前山の北半分となっており、かつ住宅地が山裾まで広がっており、所謂「住宅集合地」となり銃器による捕獲は出来ません!

・・ので、獣類はワナ「箱罠・括り罠」となり、銃器による捕獲は大河「吉野川」のみとなっています。

尚、ご主人様はワナ猟はやりませんので、吉野川での銃器による鳥類の捕獲を行っています。

※ 捕獲報償金(町+国)は、獣類=17000円、鳥類は700円(カワウは3200円)です。但し、目標数を上回った場合は当配分され減額となります。


さて、前置きはこのくらいにして、本日の有害駆除(鳥類)の様子を紹介します。

ご主人様は、我々の飼育管理を終え、今朝8時前にエアライフルを持って吉野川に出掛けました!。

久しぶりの吉野川は、河川敷の牧草は腰丈まで伸び、お目当てのカラスの姿もありませんので、川に向かいます。

( 写真は全て、クリックで拡大します )

Dsc_1824

吉野川の水位は、1m近く下がっており、今年は水不足が心配されます・・(>_<)

( 下の写真はスマホの広角で撮っています )
Dsc_18252

川の水位が例年に無く大きく下がっているので、稚鮎の遡上も少ないのかカワウの姿もありませんでした。


・・で、吉野川の土手道に上がり、車で流しながら獲物を探します。

すると、一部牧草地に牛糞が撒かれた所に10羽ほどのカラスが集まっていましたので、これを狙うことに!。

そこで車を土手道から河川敷内の農道に移動させ、カラスが集まっている場所に向かいます。

そして、ゆっくりと車を走らせ接近しますが、カラスとの距離が約70m付近で飛び立たれました・・(>_<)

・・が、近くの立ち木に移動し、止まりました!。

これ幸いと、車を降りカラスを狙います。

距離は、約50m、、、エアライフルに弾を装填し、一番手前のカラスに狙いを定め引き金を引きます・・


パシュ・・
見事に命中し落ちました!・・( 先ずは1羽 )


しかし、落ちた場所にはカラスは居ませんでした・・(◎_◎;)

どうやら、半矢で走られた様です・・(>_<)


・・・・・・・・・・・

気を取り戻し、少し車で流して見ることに!。

すると、先程のカラスが又もや立ち木に止まっています。

Dsc_1832

ところが・・車を覚えられており、早々に逃げられます・・(>_<)

しかし、この場所(上の写真)は餌場も近く、立ち木で見張ることもできる絶好の場所ですので、必ず飛んで来ると確信し少し待って見ることに!。


すると!、約10分程して、案の定、カラスが次々とやって来ました。

こんどこそは!と、ご主人様も気合が入ります・・。

距離は、約70mと遠いですが、警戒されているので、この場で撃つことに!。

一番手前のカラスに狙いを定めます・・

少し遠い(ゼロイン=50mでスコープ調整)のと風を計算に入れ、カラス頭部より少し右斜め上に狙いを定め引き金を引きます・・


パシュ・・
カラスは羽ばたきもせず、もんどりうって落下しました!


早速、落ちた場所に向かいます・・。

見ると!、カラス頭部に見事命中し、即死でした!・・( 見事にまぐれ当たりです/笑 )

ご主人様は、ニンマリし、早速ブログ用に記念撮影です。

Dsc_1838

カラスには、申し訳ありませんが、これも有害駆除です・・( ご免なさい/合掌! )


本日は、車を覚えられましたのでこれ以上頑張っても無駄と、時間は10時過ぎで少し早いですが帰宅することに。

尚、エアライフルを使用した後は、クリーニングペレットを撃って、銃身内の鉛カスを取り除き綺麗にします。

( クリーニングペレットは、下のケース内で白くみえる物です )
Dsc_1840

クリーニングンペレットは、弾の代わりに発射して銃身をクリーニングします。

手間なく簡単にクリーニングができます!・・( とても楽で助かっています )

ペレットには、口径5.5mmと6.35mmの2種類があり、80個入りで900円(税抜き)です。


捕獲したカラスは、後日、所定の捕獲申請用紙に捕獲した日時、場所、氏名等を記載し、捕獲証拠品としてカラスの両足を適当なビニール袋に入れ町役場(産業経済課)に同時に提出します。

尚、本日の猟果はカラス1羽で、捕獲報償金は700円(町:500円+国:200円))でした(笑)。

獣類の17000円からしますと、鳥類の捕獲報償金は極端に少なく、鳥類では比較的多いカワウ(3200円)は数人が専門で捕獲していますが。カラスの捕獲は一斉駆除若しくはご主人様が捕獲しているに過ぎません!

しかし、吉野川周辺の農家にとってカラスやカモの食害は甚大で、イノシシやシカの捕獲よりこちらを優先して欲しいと強い要望も町役場には寄せられている様です。

ご主人様は、これら農家の方並びに町役場の担当者に少しでもお役に立てればと鳥類(主にカラス)の有害駆除に取り組んでおられます。



では、本日はこの辺で失礼します・・(@^^)/~~~


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


本日も最後までお付き合い下さり、ありがとうございました!

もし宜しければ、応援のつもりで下の写真をクリック頂ければ幸甚です!

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村


« ガーデンビュー! | トップページ | 今年も行って来ました! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事