フォト

にほんブログ村

無料ブログはココログ

« 家庭菜園 ②夏野菜の植付! | トップページ | 久しぶりの地蔵峠! »

2022年4月23日 (土)

猟銃等一斉検査場で散弾銃が暴発!

本日は、ネットニュースの紹介です。

現在、全国的に猟銃等の一斉検査が行われていると思います。

ご主人様も、所轄警察署の支所において、4月28日に一斉検査があります。

当時は、コロナ感染防止上から、町内の地区別に時間を決めて行われます。


さて、本日のネットニュースはご存知の方も少なくないと思いますが、未だブログ上では紹介されていない様ですので、ご参考まで当該記事を添付しておきます。

それは、又もや銃の検査場で散弾銃が暴発したと言うニュースです・・(≧◇≦)


先ずは、そのニュース記事からご覧ください!



( 出典:新潟放送 4/21 )

公民館で散弾銃が暴発しました。
新潟県南魚沼市で21日、猟銃などを対象とした警察の一斉検査中に散弾銃が暴発し、壁に直径約5センチの穴が開きました。
けが人はいませんでした。

散弾銃の暴発があったのは、南魚沼市浦佐の大和公民館です。
警察によりますと、公民館では猟銃などを対象とした一斉検査が行われていて、午前11時ごろ検査を受けていた猟銃所持者が銃を組み立てていたところ、散弾銃が1発暴発したということです。

( 下の写真は、銃砲一斉検査の会場です )
2022042120027830ohbsn0003thumb

暴発により、施設の壁に直径約5センチの穴が開きました。当時、室内には検査を担当していた警察官ら5人ほどがいましたが、けが人はいませんでした。

一斉検査は、猟銃所持者を対象に警察が年1回行っているものです。
警察は持ち運びの段階から銃に弾が装填されていた可能性もあるとみて、銃刀法違反の疑いも視野に調べています。

以上が記事全文です。



【 後記 】

ハンターの皆さんは、この度の銃砲一斉検査場での散弾銃の暴発をどの様に思われますか?

( 写真は銃砲一斉検査会場のイメージです )
22_20210426115801

毎年の様に同様な暴発が起こっています・・(≧◇≦)

最近は、猟期以外にも年中有害駆除が行なわれている
ことから、銃の使用も毎日のハンターも少なくないと思われます。

猟期だけであれば、終猟と同時に銃を点検清掃した後、分解し、先台は別保管していたと思います。

しかし、毎日使用する様になれば、自ずと分解保管も面倒くさくなり、そのままガンロッカーに入れ保管されている方も少なくないと思います。


この度の暴発事故も、銃を使用した後、弾の確認を怠ったために散弾が装填されたままで保管されており、検査当日も何も確認することなく検査場に持ち込んだと思います。

そして、検査会場でも何も点検することなく、銃に触れていた時、引き金に触れ暴発したと思います。

幸いにも、建物の被害だけで、人身事故にならなかったことが何よりの救いと思います。

当事者は、今までの処分事例から判断し、銃刀法違反(保管義務違反、発射制限違反等)で当該散弾銃の没収並びに所持許可も取消しとなると推測されます。


このハンターは、銃の保管並び使用等に関する配慮が皆無の様で、今日まで事故なかったのが不思議なくらいです・・。

少なくとも、猟場で何時も「脱包」すること励行していれば、最低でもこの度の暴発事故は防げたと思います。


どうか!、ハンターの皆様は少なくとも銃砲一斉検査の前日には、関係書類に不備はないか、銃に弾が装填されていないか等のチェックを必ずして欲しいと願って止みません!



では、本日はこの辺で失敬します・・(@^^)/~~~


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


本日も最後までお付き合い下さり、ありがとうございました!

もし宜しければ、応援のつもりで下の写真をクリック頂ければ幸甚です!

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村


« 家庭菜園 ②夏野菜の植付! | トップページ | 久しぶりの地蔵峠! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事