« 立派な雄ジカ 犬舎近くに現れる! | トップページ | 一夜明けたヤマト! »

2022年10月 9日 (日)

ヤマトが7年振りに我家に帰って来た!

本日は、我家にとって、とても嬉しいニュースを紹介させて頂きます。

現在、国内にはハク系、タロー系、リュウ系、ギン系の4系統が存在します・・

ところが、我家には唯一リュウ系の牡犬だけが居ませんでした!・・(>_<)


何故いないか?と言う話をしますと長くなりますので割愛させて頂きます。

尚、詳細な理由はHP『 日本狩猟犬サツマビーグルり郷 』の「 サツマビーグルの写真集 」に掲載していますヤマト号をご覧ください!


簡単に申し上げますと、ヤマトは父親リュウ×母親エスの間に2015.6.7に生まれました。

そして、ヤマトはリュウ系の種牡候補として我家に残していましたが・・・

上記の理由で広島の現オーナー様I氏に飼育を託すことになりました。

オーナー様は、ヤマトのお迎えに、何とご家族全員で来られ、大変驚きました。

その後、ヤマトは順調に成長し、オナー様とイノシシ猟を楽しんで来ました。

ヤマトは、本年6月で7才になりましたが、毎年頂く年賀状は我家だけに作成したA4サイズの写真年賀を送って頂いておりました。

しかし、本年は奥様手書きの年賀状が届きましたので、どうしたのか連絡しお聞きしますと入院されているとのこと。

その後、I氏は無事退院されましたが、ヤマトを連れて山に行くことは出来ず、散歩もお孫さんが毎日1時間余りされていると聞いておりました。


そこで、先日、ヤマトがI氏の足手まといになっていないかをお聞きするため、ご主人様はI氏に連絡されました。

その結果、I氏は脊柱管狭窄症の手術を3回もされ、現在も未だビハビリ中でヤマトとの狩猟はおろか散歩も行けずに悔しい想いをされている様子でした。

そこで、我家にはリュウ系の種牡が居ないので、繁殖にも影響が出てきているので代取りの為に「1年間お借り出来ないか?」お聞きしましたところ、「是非サツマの保存活動にヤマトを使って下さい・・」との快諾を頂きました。


そして、昨夕、ヤマトを広島に送る決断をする切っ掛けになりました親孝行の娘さんから電話があり、明日(10/9)予定通り家族みんなで旅行を兼ねヤマトを連れ四国徳島に参ります・・と、ご丁寧な連絡を頂きました。

我々みんなは、誰もヤマトを知りませんので、会うのがとても楽しみです・・。

下の写真は、一昨年の年賀状に載っていたヤマト号です。

Photo_20220929125301


・・・・・・・・・・・

そして、本日、午前11時過ぎに、仔犬をお迎えに来られた時と同様に、広島からオーナー様I氏とご家族(総勢7名)でヤマトを連れ、我家に来て下さいました。

我々は、みんなヤマトより年下ですので、誰も知りません!・・( みんな、興味津々です! )

そして、ご家族と一緒にヤマトが車から降ろされました!

今日は、あいにくの雨で、ご家族全員の写真は、残念ながら撮れませんでした・・(>_<)

下の写真は、我家からお帰りになる前にI氏ご夫妻がヤマトとお別れをされている様子です。

ヤマトがご夫妻に甘えている処ですが、別れるのがとても辛そうでした・・(涙)

Dsc_24272

ヤマトは、イノシシ猟犬ですが、家庭では家族の一員として大変可愛がられていたことが、最後のお別れシーンで良く理解できます。

・・で、上の写真は凄い怖い顔をしていますが、実は甘えん坊の寂しがり屋かも知れません!

・・と言うのも、ご家族が帰った後も1時間余り、寂しそうに泣いていました・・(~_~;)


下の写真は、7年前にヤマトを迎えに来て下さったときのオーナー様と奥様です。

ヤマトも仔犬の時は可愛かったのですね!・・(^^♪

Img_20150922_1143461



【 後記 】

ヤマトは、オーナー様ご夫妻とお別れするのがとても辛そうでした・・。

また、ご夫婦も同じお気持ちの様でしたので、1年間大好きな犬なしで過ごすのは忍びないと、ご主人様が『 ヤマトが帰るまでアメビのルイちゃんを飼ってみますか? 』とお聞きしますと・・なんとも言えない笑顔で『 お願いします 』と、とても喜ぶお顔が印象的でした。

但し、『 ルイちゃんは身体は小さいですが鳴くと声は大きいですよ! 』と念を押した上で、持ち帰ってもらいました(汗)。

そして、ご近所は家が沢山ありますかとお聞きますと、屋敷が広いのでヤマトが太い声で鳴いてもそんなに聞こえないとおっしぉっておりましたので・・

屋敷はどの位の広さがあるのですか?とお聞きしますと、約900坪ほどあるとのこと!・・( えぇぇぇ・・ビックリ! )


尚、ヤマトは7才からの種牡活動となりますし、重心の低いガッチリタイプですので、我家の足の長い大きな台牝達と上手く交配が出来るか心配です。

また、よく見ますと後ろ足が軽い膝蓋骨脱臼なのかX脚様を呈しており、これも交配にはマイナスになると思います。

この程度の軽い膝蓋骨脱臼も放っておくとそのまま固まってX脚になることも少なくありません!

ヤマトは何時から膝蓋骨脱臼になったのか、毎年頂いております年賀状でオーナー様とのツーショット写真をチェックしますと、2年前からの様でした。遺伝的なものでは無いことが分かりましたので、種牡としての資質には問題ないと、我々もホッとしています。

恐らくは、猟場でイノシシと対峙している時に膝蓋骨脱臼を発症したと思います・・( 猟犬には良くあるケースです )

ヤマトの種牡としての真価は今後の交配次第ですが・・

故テツ号の様に、素晴らしい万能犬(猪、鹿、狸、兎、山鳥)でありながら、種牡としては5回交配し、何れも子宝には恵まれずに終わることもありますので、こればかりは神のみぞ知る未知の世界ですので、我々は見守るしか成すすべがありません!

何方にしても、一度交配をさせて見ないと、先のことをあれやこれやと考えても仕方がないことです・・。


尚、我々サツマビーグルは警戒心が強く、今までも若犬や成犬で鹿児島からやって来た先輩犬達は、我家にやって来て約3日程は餌も水も摂らないことが多く、当初ご主人様も大変ご苦労をされました。

ヤマトも餌と水を与えても見向きもしないので、先ずは我家に慣らすことから始めなければなりませんが、そこは過去の経験から問題なくヤマトは我家の一員になれると、我々みんなは確信しております。

下の写真は、本日、我家に帰って来たヤマトです・・(体重=推定25kg)

貴方の世話にはなりませんとばかり、餌も水も摂らないヤマト!・・(>_<)
Dsc_24382

今日は、雨で散歩は出来ませんが、明日からはヤマトとの信頼関係を構築するための散歩をされると思います。


広島に行った・・おてんばルイちゃんが大人しくしているかとても心配です!・・
( 出戻りになったりして/汗 )

尚、車酔いも無く、餌もしっかり食べた様です(笑)・・( ルイちゃんらしいです! )




では、本日はこの辺で失礼します・・(@^^)/~~~



◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


本日も最後までお付き合い下さり、ありがとうございました!

もし宜しければ、応援のつもりで下の写真をクリック頂ければ幸甚です!

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村

 

« 立派な雄ジカ 犬舎近くに現れる! | トップページ | 一夜明けたヤマト! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事