« 生態系の変化!? | トップページ | 犬舎前山から聞きなれない鳴声が!? »

2023年5月22日 (月)

消えたイノシシ 減ったシカ!?

ご主人様は、今朝も前山公園経由➡地蔵峠の散歩コースに行っておりました!

今朝は、テンが道路を横切った様です。

何時も道中では、獣道を入念にチェックしていますが、イノシシもシカも通った形跡は無かった様です。


前山麓の水田は、いま田植えの真っ最中ですが、今年はイノシシの出没もなく、農家の方は安心されている様です。

この様な状況下でも、有害鳥獣駆除の許可が下りていますが、猟果はイマイチです。

当町は、国への捕獲計画は獣類40頭(猪・鹿)、鳥類40羽(カラス・カワウ・カモ)と申請していますが、獣類は達成が難しい状況です。

ハンターは兎も角、農家の方は食害が無くなりますと、大喜びと思います。

捕獲計画は前年度を参考にし決めていますので、今年の様な事も十分想定されます・・。

捕獲計画が達成できませんと、国からの補助金は返還(返納)しなければならず、今後の捕獲計画も厳しく精査されます。

賞金ハンターは、少しでも報償金を沢山貰うと捕獲数を多く申請する様に町(役場)に要請しますが、今年の様にシカは兎も角、イノシシが全く居ない状況では手も足もでません!・・( 誰が責任取るの? )


さて話を戻します・・。

散歩を終えたご主人が駐車場に戻りますと・・何と!、隣町の猟友とバッタリ会った様です。

友人と待ち合わせをしているとのこと。

そこで、友人が来られるまで木陰で前猟期の猟果や有害駆除の進捗状況等について、情報交換された様です。

その結果・・次の通りでした!

・イノシシ・・・豚熱の影響もあり、狩猟も有害も捕獲は激減しているとのこと。

( 写真はイメージです )
Nous1902221001

・シカ・・・2年ほど前から少なくなっており、捕獲数は例年の20%ほど。

・その他・・・アナグマが凄く増えており、ノウサギも徐々に増えて来ており車に跳ねられ死んでいるのを良く目にする様になっている。また、カモシカがかなり増えている。

・・で、ノウサギの生息地(猟場)を教えてもらった様です。

隣町も有害駆駆除中なので、お返しにシカの生息地(猟場)を教えて上げた様です。

隣町は、ご主人様が鉄砲射ちを始めた時から猟場としておりますが、ハンターも高齢化されており、猟犬を連れて狩猟する方は全く居なくなっている様です。

猟のやり方は10名余りのグループ猟が主で3チームほどありましたが、高齢化で鉄砲を止めた方が多くメンバーが居なくなったので、捕獲はワナ猟でやっている様です。


・・で、猟犬を連れての狩猟は、我々サツマビーグルとご主人様の独壇場になっています。

たまに、徳島市内から猟犬を連れシカ猟をしに猟場に来られますが・・、我々の事を知らないのか『 I町から優秀なサツマを連れたKさん(ご主人様)が狩猟や訓練で、一年中シカを追い回しているので我々の猟犬では歯が立たない! 』なんて言われたことも(汗)。 


今までは、シカも多く居ましたので、我々の訓練も容易に早く仕上がっていましたが、これからは今までの様には行かないと思います。

シカもノウサギ同様に、訓練する猟場の捕獲は慎まなければなりません!

いやはや、あれだけ沢山いたイノシシやシカは何処に消えたのか???

有害駆除の在り方も再考する時期が来ていると考えます。


・・・・・・・・・・・

【 シルバー川柳 】

「アーンして」 昔ラブラブ いま介護

・・・・・・・・・・



では、本日はこの辺で失礼します・・(@^^)/~~~



◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


本日も最後までお付き合い下さり、ありがとうございました!

もし宜しければ、応援のつもりで下の写真をクリック頂ければ幸甚です!

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村


« 生態系の変化!? | トップページ | 犬舎前山から聞きなれない鳴声が!? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事