« 鳴声は聞こえるが姿見えず! | トップページ | ボランティア清掃に感謝! »

2023年6月26日 (月)

ジャッキー 目の病気「チェリーアイ」手術!

本日は、我家のジャッキー君の目の病気「チェリーアイ」手術の日です。

あいにく、今朝は小雨模様・・

ジャッキー君は、手術のため朝食は抜きです・・

そして、下の写真は動物病院に行く前のジャッキー君です。

( 添付写真はクリックで拡大し、鮮明な画像がご覧頂けます )

Dsc_00515-2

目の病気・・分かりますか???

左目を見てください・・目の付け根にピンク色の丸い物が飛び出しています。

これは、「瞬膜」が何らかの原因で飛び出し、炎症をおこしてピンク色になっています。

この形が、チェリー(さくらんぼ)に似ていることら「チェリーアイ」と言われています。

一昔前までは、摘出除去が一般的でしたが、瞬膜が涙を分泌していることが分かり、最近ではポケット法と言う手術で瞬膜を残すのが主流になっています。

しかし、手術がとても難しく、また再発する可能性も少なくなくないことから、手術を手掛ける動物病院も限られています。

我家のワカも、ジャッキー君と同じ6ヵ月の時にチェリーアイを発症し、右、左、右(再発)と3回も手術をしました。

その後は、再発も無く、綺麗な目になっています。


本日、手術をお願いする動物病院は、ワカと同じ病院です。

午前9時に我家を出発し、病院には9時15分に到着。

早速、受付を済ませ、診察を待ちます。


下は、動物病院で診察待ちのジャッキー君です。

少し、緊張している様ですね!(笑)

Dsc_00514

手術は、午後に行われますので、ご主人様はジャッキー君を病院に預け、一時帰宅。

病院からの連絡を待ちます・・。

午後2時過ぎに、病院から『 手術は上手く行きましたので、午後5時30分~6時の間に引取に来てください 』との連絡・・。


午後5時20分に、ジャッキー君を迎えに病院に向かいます。

院長先生から、手術の様子と今後の注意事項等の説明を聞きました。

そして、女性の動物看護士に連れられたジャッキー君を引き取ります。


麻酔も覚醒し、チェリーアイも下の写真の様に、綺麗に治っています。


Dsc_00503_20230626201101


治療費を支払いし、帰宅・・。

※ 治療費は、手術代(手術・検査・麻酔等)+薬代+エリザベスカラー等+消費税=約96000円でした。


下の写真は、我家に帰って来たジャッキー君です・・。

Dsc_00562-2

朝から食事をしていないので、ジャッキー君もお腹ペコペコです・・。

早速、夕食を与えますが、エリザベスカラーが邪魔の様ですので外してやると、美味しそうにパクパク食べました(笑)

今後10日余りは、エリザベスカラーを首に装着した生活が始まりますが、大人しく養生(治療)に専念して欲しいと願っています。

そして2週間後に動物病院に行き、治療が上手く行っていることを確認し「OK」が出ますと、通常の生活が出来る様になります。



では、本日はこの辺て失礼します・・(@^^)/~~~



◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


本日も最後までお付き合い下さり、ありがとうございました!

もし宜しければ、応援のつもりで下の写真をクリック頂ければ幸甚です!

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村


« 鳴声は聞こえるが姿見えず! | トップページ | ボランティア清掃に感謝! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事