« 第1回全国サツマビーグル写真大会 応募写真① | トップページ | 母屋の改修! »

2023年11月18日 (土)

ジャッキー・マイの訓練日記(第2話)!

今朝は、雨で山入はお休みです。

そこで、本日は、ジャッキー・マイの本格的な山入訓練開始後、約1ヶ月余りが経ちましたので、反省を兼ね総括してみたいと思います。

山入は、9月中旬からスタートしましたが、連日の35℃を超える猛暑が続いたため、林道で1時間ほど遊ばせ早々に帰っていましたので、本格的な山入訓練は10月からとなりました。

訓練開始時は、ジャッキー君とマイちゃんを一緒にして、林道デビューをさせました。

2頭は、兄妹の様に仲が良く、林道に放犬した際、マイちゃんは少し警戒していましたが、直ぐにじゃれ合い、かけっこをして遊ぶ様になりました。

山慣れと言う点では、2頭一緒の方が良かったですが、何時まで経っても遊んでばかり・・

これでは山入訓練にはならないと、途中からは我々成犬の今猟期へのウォーミングアップに2頭を交互で同行させました。

この同行は、「戻り」を学習させるのが目的です。

即ち、我々成犬に付いて猟場を捜索や追跡に付いて行っても猟欲や体力が伴わずも途中で放られ、山中で迷うことに成りますが、如何にして自力でご主人様の下に戻るか?・・を学習させるのが目的です。

ジャッキー君は誰とでも一緒に付いて行きますが、マイちゃんは未だご主人様が恋しいのか、300m余りついて行くと直ぐに戻っていました。


ある日、ジャッキー君は我家の追跡名手「ハチ」に同行させた時、1時間余り追跡に付いて行き、ご主人様からは1.5kmも離れているのに、約1時間余りをかけて戻って来ました!

ご主人様は、この様な時、一切迎えに来たりはしてくれず、訓練犬が入って行った場所で何時までも待ってくれます。

これを何回か繰り返し学習しますと、入った場所に必ずご主人様は待っていてくれることを確信する様になり、山中で逸れても自らの軌道(足臭)を逆に辿って行けば戻れることを覚えます。


しかし、マイちゃんはご主人様大好きから我々成犬に付いて来ずに直ぐに帰りますので、母親のソラに同行させるようにしました。

その結果、マイちゃんはご主人様の事も気にならず、大好きなお母さん(ソラ)にピッタリと付いて行く様になり、やはり捜索時は良いのですが追跡に入りますと、体力的に付いて行けず山中に放られました。

ご主人様との距離は、約1kmですが、途中には岩山や沢がありますので、果たして戻れるか・・興味津々で見守ります。

すると、やはり沢に差し掛かった時に、水が怖く渡れず「ワンワン」啼き出しました・・が、ご主人様はいい勉強と我慢し見守ります。

すると、母親のソラが心配し、マイちゃんの下に合流しましたが、沢を挟んでいます。

マイちゃんは、ソラの方に行きたいのですが水が怖くていけません!。仕方なくソラがマイちゃんの下に行ってやり、また沢を渡ろうとしますが、又マイちゃんが取り残されワンワン鳴いています。

この様なことが暫く続きましたが、ソラも腹を括ったのか?マイちゃんを迎えに行かず鳴くだけ鳴かせています・・と、何とマイちゃんが勇気を出して沢を渡り、母親ソラと一緒にご主人様の下に帰って来ました。

・・で、現在はマイちゃんも猟場で迷うこともなく、自分の軌道(足臭)を辿ればご主人様の下に戻れることを学習しております。


< 訓練ポイント >
以上の様に、最初の段階での山入訓練で大きな壁となるのは、猟場で迷った際の戻り方です。如何に学習させるかが訓練のポイントになります。

この時、訓練犬を迎えに行ったり犬笛を吹いたりしますと、何時になっても猟場に迷って、回収しなければならない猟犬になってしまいます。

一度学習すれば、大方の訓練犬は次回からは必ず訓練者の下に戻る様になり、非常に使いやすい猟犬となります。

訓練の秘訣は、訓練犬への「飴と鞭」を上手に使いわけることが、優れた狩猟犬作りには必要です。

戻りを学習出来れば、訓練犬も猟場で怖い物は無くなり、自然と訓練者から離れ、何れは獲物を起こし(発見し)追い鳴きを始める様になります。


【 後記 】

〇訓練期間=9月中旬~11月中旬まで

●ジャッキー・マイでの林道遊び・・・10回( 早朝の林道で約1時間 )

(写真手前がマイちゃん、後方がジャッキー君です )
Dsc_00683_20231118145801

●成犬に同行・・・マイちゃん=5回、ジャッキー君=6回

●単独・・・マイちゃん=1回、ジャッキー君=3回

現在は、ジャッキー・マイ共に戻りは完璧に熟し、猟場に安心して連れて行ける状態です。


ジャッキー君は、単独訓練2回目で初鳴きを見せ、今ではシカを起こした後、約10分ほど追跡(追い鳴き)する様になっています。

グループ猟では使用可能と思いますが、我家の様な単独猟では運が良ければ獲れますが、やはり最低30分は追えないと捕獲にはつながりません。

追跡時間は、10分の壁の突破が中々難しいですが、それをクリアーしますと段々と経験と共に追跡時間も延びて行きます。


一方マイちゃんは、単独訓練は未だ1回と少ないですが、臭いを拾うと足を延ばして狩り込んでいますので、初鳴きも近いと思います。

しかし、生後9ヵ月半が過ぎ、そろそろ最初のヒート(発情)が来ると思いますので、それまでに何とか初鳴きして欲しいと願っています。

ヒートが始まりますと、安全を喫して約1ヵ月間は山入はお休みとなります。


以上が、山入訓練(約1ヵ月間)の結果です・・

ジャッキー・マイの訓練進捗状況は、共に一般的な訓練成果です。今までですとイノシシにやられることも多かったのですが、現在は豚熱感染で少なくくなっていますので安心して山入出来ます。

しかし、今猟期はシカの生息数も可成り減っており、訓練も難しくなっております・・(-_-;)

何れにしても、早くシカを獲って噛ましてやって欲しいと願っています・・( すると猟芸も一段と向上すると思います )



では、本日はこの辺で失礼します・・(@^^)/~~~


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


本日も最後までお付き合い下さり、ありがとうございました!

もし宜しければ、応援のつもりで下の写真をクリック頂ければ幸甚です!

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村


« 第1回全国サツマビーグル写真大会 応募写真① | トップページ | 母屋の改修! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事