« フクのお産②! | トップページ | フクのお産④ 唯一残った牡仔犬! »

2023年12月 4日 (月)

フクのお産③!

今朝のフクは、3日間に渡るお産(難産)で、相当体力が消耗し、ご主人様が補助しないと産箱からも出て来れませんでした。

運動場に出してやらないとトイレをしませんので、寒いですが仕方ありません!。

フクのお腹には死胎児が3匹(以上)入っていますので、陣痛が続いています・・(◎_◎;)


そこで、本日午後から、我家の指定動物病院で鳴門市にある「リューネ動物病院」で、子宮摘出手術を行いました。

手術はフクの体力が可成り消耗しており、手術に耐えられるか心配をしておりましたが、院長先生とスタッフのお陰で無事手術を終えました。


下の写真は、院長先生に連れられて来たフクです・・

ご主人様と院長先生が手術の経過を話していますと、何と!フクが鳴きだしました!・・( 元気で良かった! )

尚、摘出した子宮には3匹の胎児が入っており、何と!2.2kgもありました!・・( 院長先生も驚いておられました! )

フクは、出産前23kgであったものが、本日11kgとなり、何と!胎児が12kgもあったことに成ります!・・( 驚きです! )

胎児は、2匹が400g、他5匹は700g以上ありました!・・( どうしてこんな大きい胎児になったのか今後の課題です )

Dsc_00702_20231204193501

この度の手術により、今後陣痛も無くなり、元気になってくれると、我々みんな確信しております。

フクも5才になっており、改正動物愛護法では繁殖は6才未満と義務付けられていますので、仮にお産が上手く行っていても避妊手術をした上で里親に出す予定でした。

ので、子宮摘出手術により、今後フクの妊娠は全く心配しなくて良くなりましたので、里親先でも安心して暮らせると思います。


フクは、我家唯一のイノシシ猟犬ですが、もう我々サツマビーグルの保存活動に貢献してくれましたので、ケガか付きものイノシシ猟犬より大事に飼ってもらえる一般愛犬家の下で幸せに暮らした方が良い・・と、ご主人様も我々みんなも考えております。

今までもイノシシ猟犬であった台牝は、里親先でイノシシとの対峙で負傷したケガが元で亡くなっていますので、当然の判断と思います。

フクが我々の様にシカ猟犬であれば、サツマ保存会のハンターに里親として貰って頂き、大好きな山入が出来たのですが・・こればかりは仕方ありません。


何方にしても、フクが元気にならなければ今後の事は何も決められません。

フクの一日も早い快癒を我々みんな願って止みません・・。

< 追記 >
フクの回復状態は、今後当ブログで順次紹介させて頂きますので、メール等でのお気遣いはご遠慮下さいませ!。



では、本日はこの辺で失礼します・・(@^^)/~~~

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


本日も最後までお付き合い下さり、ありがとうございました!

もし宜しければ、応援のつもりで下の写真をクリック頂ければ幸甚です!

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村


« フクのお産②! | トップページ | フクのお産④ 唯一残った牡仔犬! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事