« 犬舎周景 5月中旬! | トップページ | 犬舎見学中止のお知らせ! »

2024年5月13日 (月)

サツマ塾 狩猟には牡牝何方が良いか!?

四国徳島は、ここ暫くは良い天気が続いていましたが、昨夕から雨が降っていました。

ルイちゃんの仔犬達も順調に大きくなっていますので、ご主人様も一安心です!・・(^^♪

さて、最近は又もや円高傾向になっておりますので、ドックフード等の値上がりが心配です・・。

我家は、アメビー2頭が仲間入りし、総勢8頭の大所帯となっていますので、フードの値上は今後の保存活動にも大きく影響しますので大変です。


さて、本日は我々サツマビーグルについて詳しく知ってもらう「 サツマ塾 」を久しぶりに開催したいと思います。

本日のテーマは『 狩猟には牡牝何方が良いか!? 』と言うお題で、お話しさせて頂きます。

我家には、我々サツマや最近はアメビーへの問い合わせが、毎日の様にあります。

ご主人様は、この問い合わせが大好きで、ついつい長電話になっています。

予約を頂く前に、オーナー様やご家族、周辺の環境、狩猟又はかコンパニオンドックの是非等をお聞きし、予約を受付するかか否かを決めるための情報収集をしています。

それは、一も二にも我々の一生が掛かっていることから、情報収集はとても重要です。

必要条件が整いますと、いよいよ予約となります。

その際、オーナー様が一番こだわるのは「牡か牝」の何方が良いか?と言うことです。

結論から言いますと、牡はダイナミックな追跡が、逆に牝はまじめで丁寧な仕事が期待できます。

どちを選ぶかは、オーナー様の猟場の地形や好みで一様には結論は出ません・・。

しかし、何方か良いか「はい、いいえ」で答えるとなれば『牡』を推奨しています。

理由としては、我々サツマの牝は生後8ヵ月~1才過ぎの間に、ヒート(発情)がやって来ますので、約1ヵ月間は山入(訓練)は出来なくなりますので、仕上がりが遅れることになります。

又、その後も約6ヵ月~8ヵ月の間隔でヒートが来ますので、狩猟期間中であれば約1ヵ月間は山入を休まなければなりません。

その点、牡はフルシーズンの山入(訓練・狩猟)が可能ですので、お得感があります。


仕事(猟芸)の出来は、牡も牝も変わらないと言えます。

仕事云々を語る上で、一番は何と言っても猟犬の血統が重要です。その為に仔犬は、系統保存を熱心に取り組んでおられ、同系に関する情報を詳しく丁寧に説明できるブリーダーから入手すされることをお薦めします。

駄犬は、幾ら訓練しても中々仕事は向上はしない事も少なくありません。

次に大事なことは、オーナー様の猟歴、訓練の仕方、山入の回数・・等々により、優秀な素質を持つ仔犬でも上手く一人前の狩猟犬には成りえません。

猟犬の学校は『 山 』です。そして、優秀な先生の下で適切な学習さえすれば、必ずや名犬になることも夢でなくなります。

我々サツマは、アメビーと異なり、林道に連れて行き遊ばせておけば、もともと藪入りは良いので自然と獣臭の臭いに興味をもち捜索をする様になります。

一番いけないのは、訓練者があれやこれやと指示したり強制すると仕上がりが上手く行かないことが多い様です。

即ち、訓練者は訓練犬の行動を見極めながら、落ち着いてゆっくり行動してやりますと、訓練犬も安心して訓練者から次第と離れ、やがては起こし(獲物発見)に繋がります。

この時も、訓練犬が林道から入って行った場所で、戻って来るまで何時間でも待ってやることが大切です。

こうすることで、訓練犬は遠くまで行っても必ず訓練者(主人)は待っていてくれることを学習(会得)し、これを繰り返すことにより訓練犬は広範囲な捜索をする様になり、起こしも早く上手になって行きます。

一般的に、若いオーナー様より、膝が悪くて山歩きが出来ない・・なんて言う高齢のオーナー様の仔犬が名猟犬になるケースが多い様に思われます。

訓練する場合は、訓練犬の特徴(気質・個性等)を良く知った上で、その長所を伸ばす様な訓練が必要です。

話が大分ズレましたが、要は牡か牝かではなく、仔犬を求める所から訓練が始まっていると考えた方が良いと考えます。


本日は猟犬としてお話しさせて頂きましたが、ではペットではどちらが良いかと考えますと、室外と室内で飼う場合で変わって来ます。

室外の場合は何方でも良いと思いますが、室内で飼う場合は絶対に牝をお薦めします。

それは、トイレの仕方が牡の場合は足を上げオシッコを飛ばしますので後始末が大変ですが、牝は座ってしますので管理も簡単でとても清潔です。


以上、我々サツマビーグルにおける狩猟には牡牝何方が良いかについてお話しさせて頂きましたが、ご参考になれば幸甚です。

他犬種の場合もある程度参考になる事項もあるかと思いますが、詳細は仔犬を購入されるブリーダーに問合せされることをお薦めします。


下の写真は、栃木に行っておりますナナ号牝の大角鹿2頭の猟果です。

大角鹿は100kg超級の大物です・・( 凄い! )

我家の種牡ナツ号の母親です。

Photo_20240513183301



では、本日はこの辺で失礼します・・(@^^)/~~~


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

本日も最後までお付き合い下さり、ありがとうございました!

もし宜しければ、応援のつもりで下の写真をクリック頂ければ幸甚です!

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村


« 犬舎周景 5月中旬! | トップページ | 犬舎見学中止のお知らせ! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事