« 広島のアカ君 有害駆除でも大活躍! | トップページ | 大阪レオン君とお婆ちゃん! »

2024年6月13日 (木)

戻し交配の妙味とは!?

本日は、拝読者様から我家のーギー系アメリカンビーグルの系統繁殖についての問い合わせがありますので、遺伝学的な難しい話は抜きにして「戻し交配」に特化して紹介します。

以前に当ブログで同系が全国で15頭余りしか居なくなり、絶滅の危機に瀕していることを投稿した際、サツマ師匠M氏の孫H君から『 是非私にも仔犬を飼わして下さい・・』と申し出があり、今後はサツマ同様に私が保存して行きますと、力強いメッセージを頂きまので、母親のルイちゃんと牡仔犬「ハル君」を送りました。

我家の系統繁殖は、ラインブリード(同系交配)をメインにインブリード(近親交配)とアウトブリード(異系交配)を織り交ぜながら行って来ました。

この絶妙な交配方法は、謂わば企業秘密でもありますが、この様にしてご主人様はブーギー系アメリカンビーグルの系統繁殖を手掛け、トラ君はその15代目となります。

系統繁殖は、プロのブリーダーが計画的に行う繁殖法で、決して素人は真似をしてはなりません!


以下、系統繁殖における異系交配した後の「戻し交配」の妙味を写真で紹介します。

下の写真は、我々サツマが我家にやって来た時に飼われていた、ご主人様自慢のカラー「黒一枚」のブーギー系アメリカンビーグルです。


呼名『アカ』・・血統書犬名=シコクプリンス・ブーギース・ダイナ(牡)・・プーギー系12代目

Photo_20240523152401

下の写真は、我家のクロ君で、ダイナの直仔です。

ダイナによく似た体型並びにカラーをしています。

Dsc_00575c

下の写真は、14代目のルイちゃんです。

ルイちゃんの父親は、アウトブリード(異系交配)によって出来た子です・・( ブーギー血縁係数50% )

Dsc_00782c1_20240523162701


そして、ブーギー系の血縁係数を上げるべくクロ君を交配「戻し交配」して生まれたのが、下の写真の仔犬達です。

ブーギー血縁係数も75%となっており、母親のルイちゃんとはカラーの黒色素も濃くなっています。

Dsc_01002a_20240523151401

下の写真は、我家に残した牡仔犬のトラ君「血統書名=シコクプリンス・ブーギース・ショウ」です。

母親のルイちゃんとは、体型はよく似ていますが、カラーの黒色並びに顔や四肢のタン(茶色)の色素も濃く、祖父のアカに近くなっているのがお分かりと思います。

Dsc_00763_20240606131201

・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、ご主人が系統繁殖の話しをし出しますと延々と続きますのでこの辺にして、本日の話しに戻します(笑)。

ブーギー系アメリカンビーグルは、今後鹿児島のH君の下でも保存活動に取り組んで頂けることになり、ルイちゃん親子を送りました。

H君は、未だ30代と若く、サツマビーグルとブーギー系アメリカンビーグルの二刀流で保存活動に取り組んで欲しいと願っています。

中々、大変と思いますが、先人達も大変ご苦労され素晴らしいサツマを我々に残して下さいました・・。

そして、その想いを受け継ぎ、絶滅寸前であった我々サツマビーグルを四国徳島で復活を果たすことが出来ました。

今後は、サツマ師匠M氏⇒弟子のご主人様⇒孫弟子H君・・・と、今後も取り組みの輪を広げ、代々までも続くことを願って止みません!。



では、本日はこの辺で失礼します・・(@^^)/~~~

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

本日も最後までお付き合い下さり、ありがとうございました!

もし宜しければ、応援のつもりで下の写真をクリック頂ければ幸甚です!

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村


« 広島のアカ君 有害駆除でも大活躍! | トップページ | 大阪レオン君とお婆ちゃん! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事