« ハチ・ワカの旅立ち! | トップページ | 広島のアカ君 有害駆除でも大活躍! »

2024年6月10日 (月)

猟犬の里親探し!

今朝、ご主人様は定期検査の為に徳島赤十字病院に行っておられました。

定期検査は、18年前に狭心症を発症し、その後6ヵ月毎に検査を受けています。

お陰様で、狭心症の発作は1度切りで、その後一回もありません!

しかし、念のために6ヵ月毎に、心電図(階段昇降)と血液検査等を行っています。

本日は、エコー検査も追加して検査しましたが、結果は何れも問題なしとなりました。

次回は、令和7年1月20日(月)と決まりました!。


さて、前置きはこの位にして、本日の話しに戻します。

近年は、ハンターも高齢化により、鉄砲射ちを止められる方も多いのが現状です。

また、病気や死亡されるケースも少なくありません・・(-_-;)


先日は、フェィスブックで6頭の猟犬が里親先を探しておられました。

理由は、飼い主のハンターが脳梗塞で亡くなられた様です。

犬種は、地犬の日本犬2頭、日本犬とハウンドのF1(雑種)2頭、プロットハウンド2頭でした。

プロットは鳴き声が大きく日本犬とF1は警戒心が強い・・と記載されていました。

日本犬は、とても怖そうな顔付で、ハンターでないと手に負えないかもしれません!

猟の仲間内に声掛けした様ですが、引き取り手が無かったので止む得ずハンターでない友人がフェイスブックに里親探しを投稿された様です。

日本犬の場合、幼犬の際に社会学習をせず、行き成り訓練場やワナに掛かったイノシシに当てたりして猟芸のみに重点を置いた訓練をよく見掛けます。

この様な猟犬は、猟場に放しても主人しか触れない犬も少なくなく、最悪の場合は人を噛むこともある様です。

当地徳島県でも6年ほど前に、有害駆除でイノシシ猟をしていましたが、猟犬4頭(地犬の日本犬)の内2頭が山を下り、麓の民家に侵入し遊んでいた女児(姉妹)3人に次々と噛み付き、重軽傷を負わせると言う痛ましい猟犬事故が発生しています。

猟犬は、登録もしないで、且つ、狂犬病予防接種もしてなかった様です・・・(≧◇≦)

この様な悲惨な事件事故が起こらない様に、ハンターは猟芸云々の前に、十分すぎる社会勉強やマナー(躾)教育を行った上で山入をしなければなりません。

そうしないと、先に紹介しました当地の猟犬事件の様な悲惨な事象が発生しますと、楽しいはずの狩猟が一転本人はおろか家族にも大変な迷惑が掛かることを肝に銘じて猟犬を飼う必要があります。

猟犬は、いつ何時飼い主が飼えない事態が発生することを考慮に入れた基礎訓練(社会学習・躾)が求められます・・。

ですので、我家では生後4ヵ月でワクチン接種を終えた幼犬は、先ず2ヵ月を掛けしっかりと社会学習をさせています。

元来、我々サツマは人や家畜には危害は加えない従順で温和な性格をしていますが、薩摩犬の血が入っているので稀に警戒心が強い犬も居ますので、公園等に遊びに連れて行き、他犬や他人と仲良くできる様に学習することで警戒心を和らげ、フレンドリーで誰にも接しえる様にしています。

尚、この社会学習が完全に終えるまでは、決して山入訓練をすることはありません。

※ サツマ保存会員様で、基礎訓練や山入訓練で分からないことがあれば、何時でも何なりと電話連絡を頂ければ詳しくご指導させて頂きます。尚、訓練に関すると問い合わせにメールは使用しない様にお願いします。


下の写真は、今朝のアメビー・トラ君です・・

まだ、ワクチン接種も終えてないので、公園デビューは出来ませんが、日々運動場内で元気に遊んでいます。

日々、良い犬に成長し、ご主人様も生後6ヵ月からのクロ君を先導犬にしたノウサギ猟の訓練が待ち遠しい様です(笑)

※ 社会学習はフレンドリーなアメビーでも必ず実施します。

Dsc_00824c



では、本日はこの辺で失礼します・・(@^^)/~~~


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

本日も最後までお付き合い下さり、ありがとうございました!

もし宜しければ、応援のつもりで下の写真をクリック頂ければ幸甚です!

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村


« ハチ・ワカの旅立ち! | トップページ | 広島のアカ君 有害駆除でも大活躍! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事